ブスなのに美人オーラを出している芸能人、パーパーの あいなぷう

○YouTubeでも同じ内容で語っています。よろしければ見てください。https://www.youtube.com/watch?v=lVTifAjrjM4

美人オーラとは、「私は美人よ」と感じさせる雰囲気のことである。
街を歩いていて、美人オーラを出している人の顔をみても、決して目が合うことはない。
見られることに慣れているから、「また、見られているわ、私って罪ね」と思ってくれているので、
安心して顔をみることができる。
一方、仮にかわいくてもブスオーラを出している女性を見つめると、
「なにじろじろみてんだよ。そんなに珍しいか?米粒でも私の顔についてるのか?」というような目で
にらみ返されてしまうものである。
これは実際に美人かどうかは、あまり関係ないのだ。
その人の認識なのである。
オードリーヘップバーン主演で「マイフェアレディ」という映画があるが、彼女は無論美人なのであるが、
田舎くさい女の子が、「私は素敵なレディよ」毎日念仏のように鏡をみてとなえているうちに、
ものすごいレディになってしまう映画である。
私なりに、本当はそうでもないのに美人オーラを出している人とそうでない人、本当は美人なんだけどブスオーラを出しているひとを書き出してみた。(個人的解釈)
○美人なのに、ブスオーラを出している人

a0384932_23533987.png

島崎和歌子→本当にきれいである。でも本人も周りも、それよりもすごい何かがあるので美人が気ならないレベルになっている。鈴木奈々→必死だから、美人に気づかない。性的な目でみようとさえ思わないほど必死である。朝加真由美→昔純粋に好きだったのだ。でも性格は下町のおばちゃんである。超美人である。井森美幸→彼女の振る舞いは、方向性は鈴木奈々と同じである。埋もれる美人ではなく、個性派になろうと意識してやっているのだ。多部未華子→自信のなさが伝わってくるが、「かわいい」と思っているおっさんは超たくさんいる。滝沢カレン→「とにかく考えないで思ったことを素直に発言しないとだめだよ」と社長に注意されているのだろう。
       かつては、美人で勝負していたが、競争を避け独自路線でいっているのであるが、性格はとてもよさそうだ。

ここにいる女性はみんなすばらしい人格の持ち主だと思う。人間としても尊敬できるし、優秀な人だと思う。ようは美人で謙虚な人なのである。個人的にはこういうタイプの女性が理想である。(どうでもいいか)
○そうでもないのに美人オーラを出している人

a0384932_23533497.png

小雪→彼女がハリウッド映画「ラストサムライ」に出た時には、「日本の評価が下がる」と思ってしまった。彼女は美人じゃないし、
   外人向けの日本人でさえない。あの人選はなんだったのだ。
川島海荷→かわいいかもしれないが、きれいではない。でも自信満々である。年をとったら見ものだ。(悪い意味で)川上麻衣子→彼女が美人として振る舞い、そのように対応している人は洗脳されているように感じる。個性的かもしれないが。
あいなぷう(パーパー)→芸人の中でもかわいくないし、一般人のなかでもかわいくない。ゆにばーすはらさんとおんなじくらいだと思う。でも、本人は可愛いと思っているので、そのオーラによってくる男が少なからずいる。私もたまに、ドキッとすることがある。パフュームのあ〜ちゃん→パフュームにいるから芸能人だけど、ひとりの女としてみると、クエスチョンである。ノッチは超美人だし、かしゆかは、個性的でかわいいと思う。踊りがうまいメスゴリラ。  

一言でいえば、がんばっている人である。人間の生き様としては、努力家である。自分で自分をコントロールしているわけで、そういう意味では自分を持っている人でもある。まわりの人間は振り回されることになるが、それはそれでいいのかもしれない。私の大学の時の友達にもこのタイプがいた。どう考えても美人ではないのだが、自信満々だったのを思い出す。十数年後にあったら、「モンゴルに行くと、いろんな人にプロポーズされて大変なの」と自慢話をきかされたことを思い出す。ある意味幸せなタイプである。

タイトルとURLをコピーしました