マツコデラックスは、体制側の代表である:彼女はすでに既得権者である

a0384932_23113855.jpg

マツコデラックスは、

かつてはマイノリティの代表で、弱者の代弁者だったのかもしれないが、

今回のN国党の問題で、明らかなに体制側の人間であることが露呈してしまった。

事件とは、マツコが「N国党に票を入れた人の中にはふざけている人もいる」と批判をしたことに怒った立花氏からの

反論をテレビ局といっしょに無視している問題である。

それまでは自由にモノ申すキャラクターで、本当に自由に発言していたが、

この事件を機に、もう二度と自由な発言をすることはないだろう。

本人も反省しているはずだ。

簡単にいえば、現在のマツコデラックスは、自民党や既存テレビ局や新聞社、大手出版社などの

意見の代弁者なのである。

具体的には、多くのテレビCMに出ているために生じている問題なのだ。

テレビCMの契約には、「問題を起こさない、イメージダウンになる行為をしない」等の条項があり、

これがある限り、自由な発言は事実上不可能なのである。

それを瞬間的に忘れてしまったというよりも、今までのところ、上げ足を取る人がいなかったので

調子にのっていたら、N国党の立花さんにつっこまれてしまったのだ。

本人は「やられた」と思っているはずである。

テレビCMはそんなに甘い世界ではない。なぜ、年間数千万円もの金がもらえるのか?

それ相当の覚悟とが必要な仕事なのである。

ベッキーのような問題を起こすと、一気に借金地獄である。(違約金により)

彼(彼女)はちょっと考えが甘いとしかいえない。

a0384932_23101393.jpg

上沼恵美子は、あれだけ人気者なのに、基本的にCMには出ていない。それは彼女の覚悟である。

東京ではあまり放送していないが、関西のバラエティ番組での発言は、マツコなんてものではない。

本当に自由に発言している。しかも面白い。彼女の旦那は、ABCの役員であった人だ。

すべてわかって、理解したうえで、腹をくくってやっているのだ。

長い目でみると、マツコデラックスはCMなんかに出てはいけないタレントである。

今回程度の問題で、無言になってしまうということは、

マツコの価値はもうないということである。

即刻すべてのCMをやめて、ちょっと前の状況にもどるか、黒柳徹子を目指すしかないと思う。

芸能界はそれほど甘くない。

もしかしたら、いま本気で引退を考えているのかもしれない。

それも一つの選択肢である。

彼の盟友である有吉弘行は、CMに出るようになって、発言は相当控えるようになっている。
かつての毒舌王の面影はないが、それくらいテレビCM出演とはリスクが大きいものなのだ。
マツコは有吉を見習うべきだ。

いくらでも毒舌のオカマはいる。

(むしろ毒舌でないオカマを探すほうが大変だ)

a0384932_23105318.jpg

タイトルとURLをコピーしました