侵略戦争?なんでそんなことをいうのか?政治家による既得権維持問題

a0384932_02401489.jpg

ダグラスマッカーサーは上院で下記のように発言をしている。
彼の認識では、日本がアメリカに対して戦争をしかけた理由は、侵略戦争ではなくて、資源のない日本は
供給を断たれると、戦争をしなければ日本に1000万人以上の失業者が発生するので、安全保障上の理由で戦争を
開始したといっているのだ。
戦後日本の支配者として君臨したマッカーサーの認識はそうなっているわけだ。一方で、この発言と日本政府の
現在の発言はかなり違っているわけである。
昭和天皇にも、平成天皇にも、アジアの国々に謝罪させたりして、一方的に日本が悪かったことになっているのは事実である。
私がアメリカを尊敬するのは、過去の過ちを認める時はしっかり認めるところである。
かつて、アメリカは奴隷制度を維持していた。
黒人差別があった。
マーチンルーサーキングJrが暗殺されたのはたった数十年前のことである。

a0384932_02520027.jpg

彼らは反省し、オバマという黒人の大統領が登場するまでになったわけである。

世の中はきれいごとでは生きていけない。
確かにそういう側面はある。
現在のアメリカでさえ、本当のJFKの暗殺犯人は公式には謎のままになっている。
一方で、ある程度知的水準の高いアメリカ人の80%以上は、当時の副大統領で後の大統領ジョンソンによる
クーデターであるという認識を持っている。
オリバーストーンの映画JFKを見れば、誰でも犯人はわかるわけである。
それでも、まあ一応謎ということになっているわけである。
話をマッカーサー発言に戻す。
彼が嘘をつく理由はない。普通に客観的な事実として感じたことを述べたわけである。
政治というのは駆け引きであり交渉であり自国にとって有利になるようにすることが目的である。
事実がなんであれ、それをどう解釈して動くかが政治家の腕のみせどころである。
プーチンは北方領土を日本に返還するのか?
彼がそれが自分にとって、自国(ロシア)にとって利益があると考えればするだろう。
そう思わなければしないだろう。
それだけの話である。
何もメリットがないのに、現在事実上自国に帰属している領土を日本に渡せば、ロシア国民から非難されるのは当然だ。
冷静に考えればいいだけの話だ。
日本という国はややこしい国である。
とても分かりにくい国家である。
とにかく物事を分かりずらく誤魔化してしまうことがとてもたくさんある。
太平洋戦争に関する見方については、そういう傾向が過大にあると感じている。
多くの人が色々なことを誤魔化そうしていて、もう何が真実かさえ分からなくなっている人もたくさんいるのだ。
アメリカは巧妙で、マッカーサーが日本を支配している時代から、
政府とマスコミを自在に操り、日本国民を操ってきたのである。
マッカーサーにしてみれば、彼の立場からすれば、米国にとっての利益を最大にすることだから、
それは至極当然のことなのだ。
「いずれ日本が独立した後に、米国はやりすぎたと日本から非難されるだろうな」くらいに思っていたのかもしれない。
だけど、彼らの薬は効きすぎていて、今もなお効いているのである。
私なりに分析すると、自虐的に「日本は悪い、日本は侵略戦争をしていた」といってれば儲かる人がたくさんいて
生きるためにそれを生業にしてきたからだと思っている。
みんな生きるのに精一杯だったのだから。
何か、生きる道を見つけたら、それにすがる以外になかったのだと思う。
過剰に責めたり、吊るし上げをする必要はない。
まずは、そういう事実をしっかり認めることである。
テレビと新聞だけを見ていると、決して真実は見えてこない。
書籍だったり、インターネットの世界に真実はある。
やっぱり自民党が日本の政治を改革するのは難しいと思う。
彼らの立場で、彼らの先達を批判することは、なかなかできないだろう。
韓国は政権が変わるたびに、前の大統領が逮捕されていくのは、ある意味自浄作用が働いているからだ。
立憲民主党が受け皿になる可能性はないと思うが、
新しい安定的な政権ができれば、おそらく韓国のように、安部さんが逮捕されるような状態になるのだろう。
モリカケ問題なんか、あっという間に立件されるような気がする。

タイトルとURLをコピーしました