東京五輪、マラソン開催地問題、札幌変更で笑う人、泣く人:選手視点で考える

ノンカテゴリー

全ての選手が涼しいところで走りたいわけではない。

競馬でいえば、雨が降って環境が悪化した時に力を発揮する馬がいる。

「普通の状況では勝負できないけれど、酷暑であればなんとかなるかもしれない」と

考えて練習してきた選手もいるはずである。

逆に、「あの暑さではちょっと無理だ」と思い、諦めていた選手も居ると思う。

相対的に1位になればいいだけで、多少暑くてもそれが自分に有利に働くなら、

むしろ嬉しい選手もいたはずである。

なんとなく察すると、IOCの会長が贔屓にしている選手が、暑さを苦手にしている

のではないだろうか?

多くの選手は、やっぱり暑いのは嫌だと思うのである。

出場選手で多数決をとれば、おそらく札幌になると思う。

まあ、権謀術数の世界なので、IOCの真意がわかることはないだろう。

タイトルとURLをコピーしました