車のオートマオイルは交換するな

車のオートマオイルは交換するな

車を所有している人であれば、
一度は、オートマオイルの交換を勧められたことがあるだろう。
オートマチック自動車には、
トルクコンバーターという機械が入っていて、
エンジンオイルと同様に、オイルの中に変速機が入っているわけである。
長年つかっていると、このオイルが劣化して交換を勧められるのである。
私は米国で、日産のプリメーラを15万キロくらい乗ったところで、
ガソリンスタンドでオートマオイルの交換を勧められ、
交換したら、その3ヶ月後に、変速機が壊れてしまい
修理に30万円くらいかかってしまったことがある。
この因果関係は完全に証明することはできないが、
先日、いかにあるような車修理の専門家の動画をみた。
https://www.youtube.com/watch?v=rJ1cRlNkY3E

➡️話をきいているとイライラしますので、おすすめしません
彼の説明はとてもまわりくどく、
何をいっているのかわからないひとが多いと思うが、
要約すると以下の通りである。
・オートマオイルはエンジンオイルと異なり、ほとんど劣化することはないが、 長年つかっていると100%のクオリティではなくなるが、 しかし、そのまま使用して壊れることはほとんどない。
・一方、オートマオイルを交換すると、トルクコンバーターの隙間にたまっていた カスが回流することになり、それがつまってしまうと、大きなトラブルになる。 結果として、オートマオイルを交換し、一年以内にそういうトラブルが起きた例 を彼は複数知っている。 ただし、それがオートマオイル交換によるものか否かは証明できない
一目瞭然で、オートマオイルは交換しないほうがいいのである。なんでそんな簡単なことをここまで回りくどくいうのか、メカニックの性なのであろう。

タイトルとURLをコピーしました