のり弁、なんといううまさだ。(出来立て)こんなうまいものは、牛丼以外にない。

オススメ飲食店


a0384932_23023846.png

お弁当屋さんの、
のり弁。
生まれてはじめて食べた時、あまりのうまさに仰天した。
値段の安さと、釣り合わないのだ。
当時も今も、だいたい300円くらいである。
日本はデフレなので値段があがっていないだけであるが、
それにしても安いと思う。
かとつお節と、醤油とご飯のうまさは知っていたが、そこにさらに海苔をのせるとは。
まったく盲点である。
そして、白身の魚のフライ。
何の種類だか知らないがうまい。
魚なのでなんとなくヘルシーな気分になる。
タルタルソースは絶対に必要だ。
これがないと、のり弁とはいえないような気がする。
そしてさらに、きんぴらごぼうまでついているのだ。(店によるが)
ちくわの天ぷらは、正直あってもなくても気にならない。
数ある弁当のなかで、迷ったら、のり弁がいい。
というか、のり弁を買ってしまう。
でも、コンビニののり弁はよろしくない。
揚げたての白身フライでないとおいしくないんのだ。
ふやけた白身魚フライは、のびたそばのようなものだ。
このベストマッチを考えた人は天才である。
今日は、オリジン弁当ののり弁を食べた。
本当にうまかった。
また食おう。

タイトルとURLをコピーしました