安倍首相の最大の功績は国際捕鯨委員会脱退 これは本当だと思う

政治の裏側


a0384932_20150396.png

現在の世界では、
家畜を食べるということについては、議論さえあまりないわけである。
ヒンズー教では牛は食べてはいけない、
イスラム教では豚肉を食べない、などの戒律はあるが、
何らかの家畜を食べているわけで、家畜を食べるということは問題にはなっていない。
人間はどちらかといえば、もともとは肉食であり、
農業を始めたことにより、草食に傾斜してきたものの、
本来的には狩猟が中心なのである。
肉食自体をよくないと考える人も少数派である。
家畜以外の動物を食べる時には、一定のルールがあり、なんでも無制限に殺して
食べていいことにはなっていない。
これはいいルールであると思う。生きるために肉が必要だとはいえ、無制限に何でも
殺して食べていいというようにはすべきではないからだ。
現在世界では、そういう中で、今までは殺して食べていたのであるが、もう食べるのを
やめるべきだという種類の動物がいくつかいる。それに対して解説をしていく。

○飼育環境があまりにも劣悪なので、食べるのをやめるべきだという動物

代表的なのはフォアグラ用の鴨である。飼育された鴨に対して強制的に、
大量の餌を無理やりに食べさせることにより
巨大な肝臓をつくり、それを珍味として食べているわけである。
私も動画をみたが、餌の時間になると鴨が逃げ出すのだ。
本当に苦しそうである。
こういう場面を見た人の多くは、この飼育方法の問題点を感じ、「やめるべきだ」
と思う人も多く、以前と比べるとだいぶ減ってきているが、
日本においては法律で禁止されているわけでもなく、
今でも普通に高級料理店などで食べることはできる。
私は、これはやめるべきだと思う。理由はあまりにも残酷だからだ。
餌を食べるのがいやで逃げ回る鴨をみて、本当にかわいそうである。
人間の贅沢のために、動物を苦しめるのはよくない。
我々が生きていくために、動物の命は必要なものであり、最大限の配慮が
必要だと思うが、それがなされているとはとても思えないからである。

○一般的に愛玩動物であるものを食料としている場合

この代表は犬だろう。韓国では現在でも一般的に犬が食料として流通している。
食料用の犬と、ペットとしての犬は別の種類とはいっても納得できない人は
いるわけである。中には、自宅でペットとして犬といっしょに暮らしながら、
犬料理を食べている人もいるかもしれない。
「犬はわたしたちの仲間なので、食料にするのはおかしい」という意見に関しては
私は同意しない。
愛玩動物として、自宅で豚を飼っている人もいる。一般的に日本人はそれほど
馬肉を食べないが、熊本県などで馬肉はポピュラーな食材である。
競馬をやっている人はよく知っていると思うが、馬は知能が高く、
人間のいうことをとてもよく理解している高等動物である。競馬用のサラブレットと
馬肉用の馬は種類がちがうが、同じ馬であることに変わりはない。
馬を食べるのは問題がなくて、犬はダメであるというのは筋が通らないと思うからだ。

○知能が高いので食べるべきではないといわれている動物
代表はクジラである。
クジラは知能が高い。小型のクジラをイルカという。イルカとクジラは全く同じ種類なの
で、クジラはかなり頭がいいわけである。
日本人はかなり昔から、貴重なたんぱく源として、クジラを食してきた民族である。
プロ野球チーム横浜DNAベイスターズの前身は、
大洋ホエールズである。
当時の親会社の大洋漁業が、クジラ商品を扱っていたのでチーム名だったのだ。
第二次世界大戦後に、欧米を中心に反捕鯨運動が盛んになった。
理由は二つあり、「知能の高いクジラを殺して食べるのはかわいそう」という理由と
欧米人のほとんどがクジラ肉を食する習慣がなかったことである。
そもそも世界の商業捕鯨を盛んにやっていたのは、米国などが鯨油を取ることを目的
だったのだ。食料ではなく、主にローソクの原料にしていたのである。
彼らは肉を食べないから捨てていたのである。
現代になり、ローソクの需要がなくなったので、必要なくなったわけである。
日本とは状況がまったく異なるのだ。
そういう欧米人にしても、イヌイットなどの民族が生活のためにクジラを狩猟すること
は認めているのだ。正直なところ、確かに日本から鯨肉がなくなっても、日本人が
飢えることはないかもしれないが、「はいぞうですか」と、我々日本人の食文化を
否定される理由はないと思う。

○命に関する考え方について

無益な殺生はできるだけしないほうがいいと思う。当たり前である。
娯楽のためや、贅沢のために、動物の命を奪う行為は良くないと思う。
よって、フォアグラのための鴨飼育や、ミンクなどの高級毛皮のための殺害は
やめるべきだと思う。
食文化に関してはそれぞれの民族の伝統を配慮したものでなければいけないと思う。
自分たちの価値観で、他民族の行為を判断するのは、適切だとは思えない。
昔から、犬を食べていたのであれば食べ続ければいいと思うし、我々日本人も
クジラを食べてきたので、それを続けることはとやかくいわれる筋合いではない。
ただし、その動物の数が減少していて保護が必要な場合には、規制が必要だと思う。
これも当たり前のことである。
現在、鯨の数が増えているのは間違いないので、日本人が食べることに何の問題も
ないと思う。私は安倍首相の最大の功績のひとつが、IWC(国際捕鯨委員会)からの
脱退だと思う。IWCに加盟していたおかげで、私が小学生の時に慣れ親しんでいた
我が国の鯨食文化が明らかに衰退したからである。
現在30歳以下の人のほとんどが、鯨肉を食べたことすらないはずだ。
少なくとも、私は小学校で月に2回くらいは鯨カツを食べていた。
これから鯨肉文化が復活するかどうかは、けっこうハードルが高いだろう。
そう簡単ではないと思う。
でも、日本人にとって、また世界業業にとっても捕鯨はとても重要な意味をもってるのだ。
それは捕鯨を行うことによって、鯨の餌である小魚が増え、その小魚を食べるマグロや
カツオなどの魚の量が増加する可能性が高いからだ。
しかも、鯨を食することにより、食料の供給量自体が増えるので、漁業のトータルを
減らすこともできるのだ。海の生態系の頂点にいる鯨ゆえに、海洋資源全体の
サステナビリティの調整弁的なこともできる可能性が高いのだ。
まあそれは副次的なものであるが、いずれにしても日本などの海洋国にとっては
重要である。欧米諸国はあまり魚を食べないので、関心すらないのである。

タイトルとURLをコピーしました