巨人軍が嫌いな理由は軍だから:軍という言葉を軽く使いすぎている

スポーツ


a0384932_09195954.jpg

プロ野球の巨人はの正式名称は
読売巨人軍である。軍隊なのである。
そこが他のチームと違うのだ。
軍隊は他の組織とは全く異なる。
企業であれば、上司が不正をしたとすれば、それを訴えるのが当然である。
それが結果として組織を守ることになるからである。
軍は違う。
上官の命令は絶対である。
上官が「殺せ」といえば殺さないと、自分が殺させるのが、軍のルールである。
目の前に子供がいて、「撃て」と命令されたら撃たなければいけない。
広島に原爆を落としたB29のパイロットは、それで日本の民間人が数十万人死ぬことは
わかっていたが、命令なので従ったわけである。
いまだに、正式名称に「軍」という言葉を使っている、巨人球団に対して吐き気がするのである
彼ら的いえば、「軍みたいなもの」という意味でつかっているのだろうが、
ふざけるなといいたい。
彼らなりの軍隊っぽい、きまりとして、
「プロ経験ではなくて、あくまでも年齢で上下関係をきめる」とかがあるが、
わけがわからない。
ようは高卒でたたき上げの、22歳よりも、大卒ルーキーの23歳のほうが格上なのだ。
有名な話では、
高校中退でプロに入った西本聖は、年齢が1つ上なので、プロ経験が全くなかった江川に対して
「江川さん」と呼び、江川は西本を「ニシ」と呼んでいるのだ。
軍隊なら逆だろう?これもわけがわからない。
なんというか、巨人という組織は、日本人の髭を禁止したり、監督は基本的に
OBのみしか採用しないなどと、いうどうでもいい理由を維持するために軍という
名称を、弄んでいるように見える。
だから、嫌いなのだ。

小学生の時、本当に巨人が好きだった。月刊ジャイアンツの発売日が待ち遠しかった。

大人になり、大人の事情がわかるようになり、どんどん嫌いになっていった。
嫌いであるが、私はアンチ巨人ファンなのである。
ようは巨人が負けるところを見たいのである。
そういう意味では、こんなに嫌いなチームを維持してもらっていることに感謝している。
どんどん強くなり、そして負けてもらいたいのである。
今年の日本シリーズは、
なんか巨人が勝ちそうな予感がする。
原辰徳は、そういう巨人の監督としてぴったりなのである。
ソフトバンク、がんばってくれ。

タイトルとURLをコピーしました