iPhoneの液晶を自分で交換するのは、けっこう楽しいですよ。節約にもなるし。

実は、iPhoneの液晶交換や、電池交換はそんなに難しくない。

今回は液晶交換について、簡単に説明する。

実際の作業に関しては、山のような動画がyoutubeにUPされているので、

私はおおざっぱに、それらのyoutube動画を見て、交換作業までに行くまでのフローとポイントについて

説明させていただく。iPhone6の液晶交換の場合、修理屋さんにもっていくと、だいたい7000円から9000円くらいである。

6だと、安いのだとアマゾンで中古で1万円くらいで購入できるから、めんどくさければ買い換えるのも手である。

あと、意外に面倒くさいのが、修理屋さんにあずけて、また取りにいく作業である。歩いて行けるところにあればいいが、

そうでなければ面倒くさい。下記にあるように、アマゾンでキッドを3000円くらいで購入して、うまくいけば慣れてなくても30分くら

いで完了できるわけである。あと、子供の時にプラモデルをつくったときのような感じの作業なので、けっこう面白いのである。

(ひとによるだろうが)

①液晶パネルをアマゾンで購入する。

検索ワード:iPhone(ナンバー)液晶パネル

様々なタイプの液晶が売られていて、どれを購入したらわからない人は多いと思う。

iPhoneの液晶パネルは、大まかにいって、3タイプあるのだ。

1.液晶についているガラスだけ→1000円程度

2.液晶についている、ガラスと液晶のセット(カメラやボタンはついていないので、古いのからつけなおさなければいけない)
               →2000円程度(下みたいなやつ)

a0384932_23024797.jpg

3.ガラスと液晶+カメラとボタンのセット→3000円くらい(下みたいなやつ)

a0384932_22572496.jpg
a0384932_23025490.jpg

どれを選ぶかに、迷ってはいけない。素人は3以外にありえない。

1については、ほぼ不可能である。(むろんできる人はいるが、技術的にかなり高度である) →最近はそもそもあまり売っていない

かんたん!iPhoneやタブレットの割れたガラスと液晶分離方法
割れたガラスだけを自分で交換できればいいのに・・・というご要望にお応えして、修理屋さんも行っている液晶分離を紹介します。セパレーターがあれば便利ですが、なくても大丈夫。要はガラスを80度に暖める、0.1mmのワイヤーで切る、それだけです。新しいガラスの接着は色々方法がありますが、レジンを使わず組み立ててもOK。一...
2もけっこう大変だ。特に、カメラの取り外しは、あとで接着材をつかったりして、かなり細かい作業で時間もかかる。ものすごく時間があって、趣味的にやるのであればいいかもしれない。私は最初、このタイプでチャレンジしたが、本当に大変だった。しばらくやっているうちに、3のタイプが販売されていることに気付き、以降、このタイプを買ったことはない。
iPhone6/6Plusガラス割れ修理完全版

3であれば、おおざっぱにいえば

ふたをあけて、コードをはずして、こーどをつなげばいいだけだ。慣れていれば、10分くらいでできてしまう。慣れると、10分くらいでできてしまうのだ。実はよっぽど、電池交換のほうが難しい。なんでかというと、電池交換は両面テープでとめてある電池をはずすのに、手間がかかるのだ。(ドライヤーであっためて柔らかくしてゆっくりはずすのだ)
①ねじを外す。これはiPhone専用のドライバーでないと開かない。たいていのキッドに付属でついている。

a0384932_07381122.jpg

②付属の吸盤で引き上げて隙間にへらをいれて開ける。
これはけっこう難しいかもしれない。吸盤だけでは簡単に外れないのだ。ほんのちょと隙間ができるので、そこにぐりっとへら(付属)をいれてこじ開けるのだ。

a0384932_07381909.jpg

③上部の金具についているねじをはずし、コネクターをはずす。この作業は意外に簡単である。最初に使用したiPhone専用ドライバーでなく、普通のプラスドライバーを使用する。

a0384932_07390187.jpg

④外したら、新しいものを逆の手順でつける。やってみるとわかるのであるが、コネクターをつけ戻す作業がけっこう難しいのだ。上記の写真で、赤、青、黄、茶で強調されている部分がコネクターなのであるが、この4つのコネクターがぱちっとはまらないと、iPhoneは動かない。

一般の説明では、「かならず電源を切って作業しましょう」といっているが、それだとうまくいかない。電源をつけっぱなしにしていれば、コネクターがうまくつながると、画面が普通に使用できるので、すぐにわかるのだ。

「万が一の時にトラブルになる」といわれているが、私の場合、問題が起きたことはない。それよりも作業が終わってから、結局うまくつながっていないことが多いので、電源を入れっぱなしにしておいたほうがいいと思う。(自己責任)

これが概要である。
まあ、一般の人が液晶を割ってしまうことってそんなにないと思う。私自身でいえば、2回だけである。
私の高3長男は、累計で10回は割っている。「画面保護シートをはると、微妙な感覚がちがうので、プロスピ(野球ゲーム)がうまくいかない」というのが理由である。おかげで、こういうブログを書くことができるので、何が幸いするかわからない。むしろ、彼には感謝している。

余談であるが、実はiPhone5Sの交換だけが、とても難しいのだ。(あとはすべて簡単)なぜかというと、5Sから指紋認証システムがついたのであるが、そのためのエキストラのコネクターがあり、それがとても小さいのので、作業が大変なのだ。
6以降はこのコネクターがなく、また5C以前には指紋認証システムがないので、このコネクターはなく、5Sだけが問題があるのだ。
まあいまどき5Sを使っているひとはそうはいないと思うが、おそらくiPhone修理人あるあるだと思う。

今(2019年8月)にネットでiPhone5Sの中古を調べたら、3800円で売っていた。(やすい)古いiPhoneだと液晶の交換なんかしないで、中古を買うという選択肢のほうが現実的だったりもするのだ。

よく考えてみるとわかるが、私の息子のように最新型のスマホゲームをやらないのであれば、iPhone5で実は十分なのである。6であればいうことなし。

話がそれてしまうが、中古でこのiPhone5Sを購入し、マイネオの1カ月3Gプランに入れば、月額980円だから、年間2万円でスマホライフができてしまうのである。

まとめると、

iPhoneの液晶パネル交換をするのであれば、スピーカーやカメラがついているほうが、少し高いけど絶対お勧めです。

タイトルとURLをコピーしました