雅子さまの最大の心配事は愛子さまの将来:天皇家のことも考えよう。彼らは特権階級ではない。

政治の裏側

天皇陛下が即位された。
今生天皇は立派な方で、皇室としての仕事をしっかりと、やっていただいており、
国民として尊敬させて頂いている。
天皇陛下と雅子さまにとって、最大の心配事は愛子さまのことだと思う。
女性として天皇になるかどうかは別にして、皇室の女性というのは本当に立場が曖昧なのである。
結婚すれば、基本的に皇籍から離脱されて、一般人になるわけであるが、
「それが伝統であり当然のこと」なのであろうかと私は思う。
給与という形では支給されないが、皇室にいるかぎり、様々な仕事があるわけで、
公費もでるわけである。
ところが一般人になった時点で、基本的には皇室関連の仕事はなくなってしまうのである。
過去に表立った例は少ないが、離婚した場合にはさらにややこしくなるのである。
実家である天皇家に戻るのはいいのかもしれないが、肩身が狭いことは間違いない。
ということは、何があっても一回結婚したら、絶対に離婚しないようにするのだろうか。
それは人権をあまりにも無視していると思う。
イギリスのエリザベス女王は、離婚しようが再婚しようが身分は変わらないわけである。
日本の皇室の女性はとても不安定な立場であり、私は不公平だと思う。
明らかに憲法違反だ。
伝統と人権は、人権が優先されるべきである。
でも、こんな話を自分からいえるわけがないではないか?
それこそ、忖度するべきことである。
お金や立場だけの話ではない。令和の時代にあった人権と配慮が必要であると私は思う。
個人的な意見としては、
理想的には女性皇族自身の判断で、自由にしてあげるのが望ましいと思う。
皇籍から離脱するのも、戻ってくるのも、自由にしてあげればいいと思う。
勝手に想像するに、天皇陛下も雅子さまも、愛子さまを天皇にしたいとは思っていないと思う。
でも今のままでは、なんか不安定な気がする。
天皇陛下の妹さんの、黒田清子さんは皇室を離れているが、もっと皇室の仕事をしたほうが、
ご本人にとってもいいと思う。
日本の皇室が基本的に男系で継続してきた伝統は知っている。それはそれで、
すごいことだと思う。でも、どう考えても、今の制度は女性差別だと思う。

タイトルとURLをコピーしました