これでダメなら落語は諦めたほうがいいです:芝浜(しばはま)絶対に感動します

芸能人(芸人)タレント

 

a0384932_14592162.png

これが落語の真髄といってもいいと思う。
これ以上の落語を聞いたことはない。
はじめて、芝浜を聞いた時は14歳くらいだった。
TBSの落語特選会でやっていたのだ。(すごい長寿番組である)
当時不登校で学校に行っていないので、
深夜テレビは友達だったのだ。
1980年くらいである。
「落語とはこんなに素晴らしいものなのか」と感動し、
「もっとすごい落語がたくさんあるのだろう」と思って、
それから寄席に通うようになったが、結局これが最高だった。
(落語家になりたいとは全く思わなかった)
古今亭志ん朝の「あくび指南」という落語を新宿の末広亭で見て、
感動したが、あれは志ん朝の技術に感動したのであって、
落語という意味ではダントツで「芝浜」である。


この金明竹(きんめいちく)も面白いですよ。大阪弁がわからない与太郎が勘違いするはなし

芝浜は、ベートベンの第九に似ている。
年末の風物詩なのである。大晦日の話なので、12月に演じられる場合が多いのだ。
ネタバレになるので、内容には一切触れない。
この話を聞く時は、何も先入観がないほうがいいからだ。
夜中に漫画を読みながら、何気なくテレビのスイッチを入れたら、
落語がやっていた。
柳家小三治である。のちに、日本落語協会会長になり、人間国宝になる人である。
私は落語に興味はなかったが、5分くらい聞いていて、すぐに引き込まれてしまった。
小三治は、まくら(本題に入る前の世間話のようなもの)がとても面白いのであるが、
両方面白いから、名人なのである。
長い話で60分くらいかかるのであるが、全く時間が気にならず、
最後はちょっと泣いていたような気がする。
芝浜とは、現在の品川のあたりだという。江戸時代には、あのあたりは砂浜で、魚市場があった
らしい。
15年くらい前のころ、私はMXテレビと仕事をしていた。
立川談志が大晦日に紅白歌合戦の裏番組で、「芝浜」をやるという話を聞き、
無理やりお願いして、収録現場に行かせてもらったのだ。(収録は12月上旬だった)
私のような落語好きがたくさんいるかと思ったら、私だけだった。
スタジオはスタッフだけで、観客は私だけだった。(本当のはなし)
生で聞く立川談志の芝浜は最高だった。やっぱり泣いてしまった。
聞いてみるとわかるのであるが、この話を映画や、芝居にしてもダメなのだ。
落語でこそ、いい話なのである。
おそらく落語会には不文律のようなものがあって、
かなりの腕の落語家でないと、この落語は演じないのだと思う。
聞いたことのない落語家が、やっているのを見たことがないからだ。
もうすぐ、年末である。
何べん聞いてもいい話であるが、
最初の1回目が、100倍いいものである。
まだ、「芝浜」を聞いたことのない人がうらやましい。
これから、あんな感動を味わえるのだから。

 

タイトルとURLをコピーしました