意外に住みやすそうな国、北朝鮮:誰もいわないことをあえていう

事件の深読み


a0384932_22012623.png

だいぶ古い話であるが、北朝鮮から拉致被害者が帰国した時、
私は、「北朝鮮でいがいにいい暮らしをしていたんだ」と思った。
もちろん、現代の日本人が享受している自由はいっさいなく、
国際電話も手紙もかけられずに、監視がいるような生活であるが、
それはほぼ全ての北朝鮮国民と同じである。
特別に日本人だから虐げられていたわけではなく、
むしろやや特権階級的な扱いを受けていたことは感じられた。
少なくとも、餓死者が多数でる北朝鮮において、ある程度の
食料が確保できるだけでも、あの国では相対的にトップクラスの
扱いだったのだと思う。
日本では、北朝鮮を悪魔の国のように扱うが、
実は世界レベルで見た時に、そんなに悪くない国であるというデータもある。
考えてみるとわかるが、日本もたった数十年前までは、
天皇陛下は神様だったのである。
戦時中の日本と現在の北朝鮮にはそんなに大きな差はないわけである。
ワイドショーを見ると、北朝鮮のひどいはなしばかり伝わってくるが、
本当にひどくて、国民をないがしろにしていたら、絶対に政権はもたないものである。
日本にしても、日本共産党は天皇制を否定しているが、過半数の国民は
戦時中も、戦後も天皇制を支持しているのである。
マッカーサーが、東条英機首相を絞首刑にし、昭和天皇を死刑にしなかったのは、
当時GHQが作成した国民アンケートで、日本人の約80%が天皇制を支持していたからで、
日本国を統治するためにうまく利用したのである。
イラクのサダムフセインを処刑して、現在まで混乱が続いている中東問題をみれば
明らかのように、その国の統治者を処刑すると大混乱になるものである。
北朝鮮政権は日本人が思っている以上に、安定しているのである。
多くの日本人はワイドショーの見過ぎなのだ。
彼らテレビ局スタッフは、それで飯を食っているだけだということを忘れてはいけない。
金正恩は命をはって、トランプと直接会って交渉したり、
韓国のムンジェイン大統領を完全に配下に置き、その政治力はすごいの一言である。
北朝鮮国民の支持率が下がるわけがないではないか。
別にもちあげるわけではないが、客観的にみて、
かなり優秀な政治家である。
こういう優秀な政治家は、気まぐれや思いつきでは決して動かないが、
自分が「得だ」と思えることは即決するはずである。
日本政府がある程度のお金をODA援助として出せば、すぐにでも拉致被害者は
帰ってくると思う。金額次第である。
でも、慎重な指導者は、そのアリの一穴から、国家が崩壊する可能性があると判断すれば
動かないだろう。
安倍さんは、憲法改正よりも、拉致問題を真剣にやれば成果がだせると思うのであるが、
二番煎じ(小泉さんの)が嫌なのだろう。仮に残りの拉致被害者が帰国しても、
第一回目のようなインパクトは残せないからである。
そういう問題ではないと、私は思う。

タイトルとURLをコピーしました