小池百合子は既得権者の典型、マラソン札幌変更問題でわかったこと

既得権者利益


a0384932_13235638.png

東京オリンピックのマラソン開催場所は札幌に決定した。
小池百合子は怒っているわけである。
メンツを潰されたからである。
私は最初にこの話を聞いた時に、
「札幌のほうがいいな」と直感的に思った。
選手の立場になれば、当然だ。本来は10月に開催するはずの
五輪を、アメリカのテレビ都合で8月になり、そのために一般的には
ありえない、季節でのマラソン開催になったわけである。
当然涼しい場所のほうがいいにきまっている。
札幌で朝早い時間に開催すれば、反対する選手はあまりいないだろう。
まあマラソンのチケットを買った人は悔しいかもしれないが、
優先されるべきは選手の健康だと思う。
小池さんが怒っているのは、
⑴すでに何百億円もの予算を使用して道路の舗装等をしてしまったのに、それが無駄になる
⑵自分に相談なく勝手に決められた
⑶オリンピックで最も歴史のある競技を開催都市で開催されないのが、なんとなくかっこ悪い
⑷もっと早めに言ってもらえれば、なんとかなかった
等の理由である。
ようするに、選手のことは全く考えてないのだ。
下手にいい顔をして、都議会からの突き上げが嫌なので、怒っているのでもある。
自分のメンツが潰れただけである。
はっきりいって、ロクなもんじゃない。
企業経営者であれば、収益が最優先であるのは当然だから、自分たちの収益を減らすような
決断はしてはいけないし、するわけもない。
でも、あなたは政治家なのだ。
合理性だけで判断していいのであれば、行政だって民営化するほうがいいのだ。
この場合考えるのは、選手の健康が最優先だろう。
迷う理由なんてないのである。
東京でマラソンを開催することが、都民の利益なのだろうか?
そうではないだろう。
この大イベントを成功に導くことが、最大の利益だと思う。
札幌は歓迎ムードである。
おすそわけをしてあげれば、日本国全体としての利益はあがるだろう。
この場合こういうのが正しい。
「東京開催にこだわって、道路の舗装を変えたり、開催時間を早朝にしたりとか
いろいろな手段を講じていましたが、東京よりは涼しい北海道で開催したほうが
選手の方々の健康を考えればいいと思います。最初からそういう風に考えれば
よかったのかもしれませんが、開催都市である東京で行うという先入観があり、
北海道のような涼しい場所で行うという発想がありませんでした。
でも、オリンピックは選手あったのもの。選手の方の健康問題を最優先に考え
札幌移転に賛成します」
小池百合子は次の選挙で落選すると思う。
都民はそんなに愚かではない。

タイトルとURLをコピーしました