50歳以上の人の95%はDJ社長を知らない?日本社会は、テレビ新聞世界と、ネット世界に二分されている。

既得権者利益

a0384932_10301202.png

DJ社長という男がいる。
もしかしたら、YouTubeをそんなに見ていない人は存在をしらないかもしれない。
少なくとも、地上メディアで、彼に関する映像、話題、等を目にしたことは、私は一度もない。
もしかしらた、BSとかで扱われたことはあったかもしれないが、
おそらくないのではないかと思う。
さずがに、ヤフーニュースとかには出てくるので、「名前だけはしっている」という人はけっこういる
かもしれない。
彼はすごい男である。
*以下にリンクをはっているので、見てない人は、ご視聴することを強くおすすめする
20代以下で知らない人はいないのではないか?
逆に、60歳以上で知っている人もいないと思う。
じゃあ、私が彼について詳しいかというと、そうでもないと思う。
きっかけは2年前だった。当時、小学6年生だった息子が、
「パパ、これ見てごらん」といって、リンクにはってある
YouTube動画をみせてくれた。
最初の5分、私はものすごい不快だった。その時点で、この動画を見るのをやめて
しまう人は数多くいると思う。
そのあと、40分くらいの長編の動画を見終わった私は、泣いていた。
「こんなすごい男がいたんだ」
「しかもまだ20代」
「世の中、すてたもんじゃない」
「俺もがんばらなきゃ」
というのが、私の感想である。
また、DJ社長をリスペクトしている小6の息子に誇りをもった。
「こいつ、いがいにわかっているんだ」
それから、彼を見る目が変わったといってもいい。
それだけが、きっかけではないが、
「自分の思う通り、好きなことをやっていいよ。とにかく自分のやりたい楽しいことだけをやれ」
と彼にはいっている。
DJ社長の話は、松下幸之助やスティーブジョブスやビルゲイツの成功体験と、同じモチーフである。
奇抜な格好や、下ネタに騙されてはいけない。
本質はいっしょである。そこに、気づくか否かである。
彼の所属するグループの名前は、
レペゼン地球(地球の代表)である。
心から、その通りだと思う。
でも、彼らの存在が地上波のテレビで取り上げられることはない。多くの人は存在をしらない。
この日本という社会には、2つの世界が共存している。
テレビや新聞や既存の政治家を中心にした今までの世界と、
ネットを中心とした世界である。
現在はまだ、テレビ側の古い世界のほうが中心であるが、
そのうち逆転するのは間違いないだろう。
「ユーチューバーがNHKをぶっこわす」のN国党が伸びているのは
その証拠である。
この間、ロンドンブーツ1号2号 田村淳が DJ社長と対談しているYouTube動画を見た。
「DJ社長のことはリスペクトしているから、よろこんで出演させてもらった」
と淳はいっていた。
彼は敏感だからわかっているのだ。
https://www.youtube.com/watch?v=LpGgfs7YdxM&t=6s

「世の中そういうものなんだ」
「そうしなければいけないんだ」
「それが、社会のためで、自分のためでもあるんだ」
と思い込んで、多くの人は生きてきたわけである。
それが正しくないのは、北朝鮮だけでなく、日本もアメリカも同様なのである。
すべての生き物は進化し続けなければいいけない。
「これでいいや、この状況を維持しよう」と思ったところが
実は破滅の入り口なのである。
それは歴史が証明している。
*私が感動して泣いた動画
https://www.youtube.com/watch?v=PPnbEiXSYM8

彼は駒沢大学で、私は東海大学出身である。なかなか、駒沢大学に現役で入れないものである。そういう点でも彼を尊敬しているのかもしれない。(これはリアルな感覚。受験をやった人ならわかるはず)

タイトルとURLをコピーしました