天才革命家ゆたぽん、親をとっとと逮捕しろ(労働基準法違反)

既得権者利益

天才革命家 ゆたぽんという 少年 youtuberがいる。

a0384932_08120164.png

ようは、学校でやなことがあって、不登校になった小学生である。
ネットやリアルでも話題になっているが、問題点を指摘するポイントがずれまくっているので
私の見解をいう。
結論からいうと、親を逮捕しろである。
労働基準法違反である。
憲法における義務教育について誤解している人が数多くいるので、はっきりという。
義務教育とは、子供を強制的に学校に行かせる義務ではない。
親に対して、自分の子供を16歳までは働かせないで、教育を受けさせなければいけないという義務なの
だ。
この場合の教育は、必ずしも学校でなくてもかまわない。
自宅で、家庭教師を雇ってもいいし、フリースクールでもなんでもいいのだ。
無論、親自身が教えてもかまわない。
YouTubeを見る限り、
ゆたぽんは勉強をしていない。少なくとも親は、彼を学ばせることに興味はないようだ。
一方で、あのYouTubeはほぼすべて、親が撮影編集してupしているわけである。
マスコミにも話題になっているので、そこそこの広告収入があるはずだ。
ようは、子供を働かせて、稼いでいるだけである。
昭和以前までは、子供は10歳くらいになると(ゆたぽんくらいの年齢)
丁稚として働かせるのが普通だった。
農家であれば、もっと早くから働かされていたわけで、
「勉強する暇があれば、農作業をしろ」というのが常識だったのだ。
そういった反省から、
きちんと子供に教育を受けさせなければいけないという観点で、義務教育ができたのだ。
繰り返すが、親が子供に教育を受けさせる義務である。
ゆたぽんの親は、完全に違反している。
江戸時代と同じことをしているだけである。
ゆえに、これは教育に対する見解の違いではなく、法律を違反しているのだから、行政の問題である。
動くべき行政機関は、児童相談所である。もし彼らが適切に動いていないとすれば
業務怠慢である。
まあ現代社会で、子供を働かせて金を稼ぐというケースは稀なので、腰が重いのだろう。
とっととあのバカ親を逮捕しろ。
ちなみに私の息子は、小4の秋から1年間不登校だった。
その間、私は塾、家庭教師、フリースクールそしてもちろん私自身が直接教えるなど、
できる限りの学習機会を与えていた。精神的に病んでいたので(通院もしていた)
「寝たい」という時には、ずっと寝かせていた。
結果的に彼は、その後自分の意思で、野球チームに入り、受験勉強も開始して
志望校に合格し、中学校1年生として今では元気に通っている。
子供に罪はない。
悪いのは大人である。

○同じ内容のYouTubeです
https://www.youtube.com/watch?v=f7U_cIu6SRQ&feature=youtu.be

タイトルとURLをコピーしました