凶悪犯罪は減っても、マスコミは報道しない。日本は本当によくなっている。(テレビの嘘)

既得権者利益

a0384932_21060324.png

日本は本当にいい国になっている。
人口動態統計によれば、傷害事件の数はこのグラフのように、劇的に減っているのだ。
私はこの5年間で、二回財布を落としたが、両方とも無事懐に戻ってきた。
ちなみに、他人の財布を拾ったのは同じく2回で、無論交番に届けた。
電車で眠っていても、すられることもなく、
そもそも日本には、ほとんどスリがいないのではないだろうか。
本当に治安がよくなったと思う。
でも、多くの人は、世の中が犯罪だらけだと感じている。
その理由は簡単だ。
テレビと新聞と雑誌が、犯罪を過剰に伝えているからである。
人間とはいやなもので、他人の不幸のほうが気になるのだ。
小学生が一人暮らしのおばあさんの家を訪問し、おばあさんが喜んだという話よりも、
5歳の子供を虐待して殺した母親の話のほうが気になるのだ。
テレビ局や雑誌などは、視聴率をあげることと、部数をあげることが目的だから、
できる限り、最悪な事件の詳細を伝えることに全力をあげているのだ。
それを見た人は
「なんてひどい世の中なのかしら、気をつけなきゃ」と思うのである。
事実は、日本は本当に素晴らしい国で、おそらく治安は世界でトップクラスでいい国である。
人々は優しく親切で、多くの外国人が「また来たい。住みたい」と思えるほどの
すばらしい国なのである。
でも多くの人はそうは感じていないのは、テレビを見すぎているからだ。
また週刊文春などの、ゴシップ系の週刊誌を読みすぎているからだ。
簡単にいえば、洗脳されているのである。
洗脳って簡単なことなのだ。
毎日見ていると、すぐそういう気分になる。
人間の脳はけっこう単純で、外からある一定の刺激をすると、簡単に反応するようにできているのだ。
わかりやすくいえば、2〜3年気合をいれて勉強すると、誰だってそれなりの大学に合格するではないか。
人間の脳は簡単に変わるのである。
テレビはできる限り見ないほうがいい。
特に朝のワイドショーは絶対に見ない方がいいと思う。
実は日本という国は、本当にすばらしい世界に誇れるいい国なのである。
それは客観的な事実なのだ。
意外に、事実は知られていないのだ。
誰かにとって都合のいいことだけが、テレビと新聞を中心にばらまかれているのである。
幸いに我々にはネットがある。
ネットでは何も隠すことはできない。
ネットをみると、米国大統領だったケネディの本当の暗殺犯人も、日本航空の墜落事故の真相も
すべて簡単に知ることができる。
どちらも、テレビや新聞では、かけらも語られることはないのだ。
テレビや新聞が問題なのは、90%くらい本当のことをいっているところである。
そしてたまに嘘をつくので、騙されてしまうのだ。
慣れてないと、どこまでが本当で、どこからが嘘なのかがわからなくなるからやっかいなのだ。
真実は自分で探すしかない。
すべての人は微妙に自分に有利なように情報を操作するからである。
本当に正しい人など存在しないというこおとを知らなければいけないのだ。
小泉元首相もいっているではないか「官僚に騙された。彼らは当時原子力発電所は安全だといっていたが、嘘だった」
と。首相でさえ、騙されているのだ。多くの国民が騙されているとしても、不思議ではないのだ。
疑問に感じたら、ネットで調べると、複数の意見がでてくるので、その中から真実を探すのだ。
それしかない。
その中で、真実を見極めるのである。
けっこう大変だけど、騙されるよりマシだと思う。
日本は多くの人が思っているより、はるかに素晴らしい国だと思う。
でも、それを操作して、利権を貪っているロクでもない奴らはけっこういるのである。

タイトルとURLをコピーしました