能勢慶子:スーパーアイドルから、リアルヤンキーへ転向 本当の自分とは

芸能人(芸人)タレント


a0384932_18092341.png

能勢慶子というアイドルがいた。
ホリプロスカウトキャラバン第3回優勝者である。1978年デビューだ。
第1回が、榊原郁恵だから、その期待の大きさもわかると思う。
天真爛漫なかわいさ、という感じである。
特徴といえば、信じられないほどの音痴である。
デビュー曲の、「アテンションプリーズ」を聞いた時は衝撃だった。
「こんなレベルでも歌手になれるんだ」とびっくりしたのを思い出す。
https://www.youtube.com/watch?v=nLOLDLZSOp8

でもホリプロは全く間違っていない。
とにかく可愛いし、スタイルもいい。
アイドルに歌唱力はいらない。(持論)
私は大好きになり、大ファンになったからだ。歌の下手さも、「なんか守ってあげて、応援したい」と思えるような
感じだったのだ。
当然、このレコードを購入し毎日聞いていた。
B面の「フラワーバスステーション」を今でも歌えるほどである。
驚きなのは
彼女は、歌唱力もなかったが、演技力はそれ以上になかったのである。
柴田恭兵と共演した「赤い嵐」というドラマに主演したのであるが、
すごい演技を見せてくれたのである。
舞台俳優である柴田恭兵の、濃い演技とも噛み合わっていなかった。
というよりも、単に下手なのだ。
下手なのに、一生懸命やっているから、よけいに変なのである。

a0384932_18092738.png

「マコトさん」というセリフは、当時もし流行語大賞があれば、ノミネートされていただろう。
彼女は、このドラマが終わってから間も無く、芸能界から忽然と姿を消す。
理由おそらく、本人とプロダクションが限界を感じたのだろう。
「歌も下手で、演技も下手で、かわいいだけ」とかいわれたら、心が折れるのは当然だ。
十代の少女がどれだけ心に傷を負ってしまったのか、いま考えると本当に心が痛む。
誰にも知られずに、彼女は芸能界から消えたのである。
やめたというニュースさえなかった。
そして、数年が経過し、いろいろあって、私は不登校になって
自宅でゴロゴロしていた。
日中の11時半ごろにやっている「あの人は今」という番組に能勢慶子が出演していたのだ。
ビデオデッキなど普及していない時代である。VHSのデッキが安いモデルで40万円くらいで、
VHSのテープは1本2000円くらいしていたころである。
1983年ごろである。
私がこの番組を見ていたのは偶然ではない。
当時、不登校で、朝から晩まですべてのチャンネルをぐるぐる回しながら1日中テレビをみていたので、
見逃すはずがないのである。
このころのテレビは、ボタンではなく、チャンネルだったから、本当にぐるぐる回していたのである。

a0384932_08035341.png

自慢ではないが、ありとあらゆる番組を見ていたのだ。
話を能勢慶子に戻す。
彼女はアイドル当時の面影はかけらもなく、キリッとした顔立ちで、タバコを吸っていた。
こんな感じである。(イメージ)

a0384932_18092984.png

ナレーションはこんな感じだった。
「元歌手の能勢慶子さんは、今は湯島天神で伝統を守るために太鼓を叩いています・・・・」
人間はこれほど変わるのだと思いびっくりした。全くの別人であった。あの、ニコニコ笑っていた能勢慶子は
なんだったのだろう。それを見て、胸をときめかせていた私はなんだったのだ。
声は2オクターブくらい低くなっていた。
彼女をみて能勢慶子とわかるひとは皆無だろう。
デーモン閣下の素顔をみて、本人だと言い当てるより難しいと思う。

a0384932_18595171.png

おそらく彼女は意識的に、昔の自分を消し去ろうとしていたのだと思う。
かなり意図的に、昔と違い自分を演じていたのだと思う。
番組は、淡々と進行する、「NHKの街角のみなさんこんにちは」みたいな感じだったので、
特に抑揚もなく10分弱の番組はあっさりと終わってしまった。
その後、能勢慶子に関する新しい情報を見たことはない。
ネットで見たら結婚して子供がいるそうだ。(なんかうれしい)
むしろ、この番組自体が伝説的に語られているが、動画も存在していないようだし、
実際にリアルタイムで見た人は、そんなにいないと思う。(いるわけがない)
だって、仕事をしていたり、学校にいっていたら、見れない時間に放送していたのだから。
私はそのころ、伊藤つかさが好きだった。
「つかさちゃんはそんなことはないよね」と思っていた。
懲りないやつである。(俺)

a0384932_18130090.png

タイトルとURLをコピーしました