憲法9条改正反対の理由にはたくさんの理由があり、真逆の理由だったりする

既得権者利益


憲法9条を改正しようとしている。
改正に反対する人たちの多くは、それぞれに別々の思惑があるのだが、本音をいわずにできるだけ感情論で
逃げようとしている。
結果として、憲法改正に反対であっても、理由が全く異なっている場合が多いのでしっかりと整理してみた。

○自民党がやることに、反対しないと思っている人たち
いわば敵の敵は味方であるという考え方である。自民党が賛成しているのだから、それに反対し、その勢力をまとめようと
思っている人
○太平洋戦争のように、日本がまた戦争に巻き込まれるのが嫌だと思っている人

○現在の憲法9条は実は得だと気づいてしまった人

○日本は憲法9条があるから戦争がないと思っている人
日本国内には多数の米軍が存在している。これは日本が米国の支配下にあることを意味する。米国に逆らった軍事行動を
しようとした瞬間に、米軍は日本を制圧するのだ。そのために彼らは駐留しているのである。
沖縄の基地移転問題がよろしくないところは、沖縄の人は「とにかく自分の近くからいなくなればいい」と思っている
ところで、根本的な日米同盟についてはあまり関心がないところである。
もし沖縄から米軍にいなくなってもらうことを真剣に考えるのであれば、日米安保廃棄しか現実性はないのである。

タイトルとURLをコピーしました