プロ経験なしでNBA監督:これがアメリカンドリームである。

楽しく生きるコツ


a0384932_22555452.jpg

ローレンスフランクという名前を知っている日本人は少数である。

令和元年は、NBAロスアンゼルスクリッパーズのGMであり、

数年前まではNBAニュージャージーネッツのヘッドコーチだった人だ。

ちなみに、バスケのヘッドコーチは野球であれば監督のことである。(ややこしい)

彼のどこがすごいのかというと、

プロ選手としての経験が0なのである。

日本のプロ野球というか、あらゆるプロスポーツ競技で、プロの経験のない人が監督をやっているケースは

ないだろう。

少なくともプロ野球では0である。

ローレンスフランクは、大学を卒業すると、コーチとしての道をいきなり歩みはじめたのである。

大学のアシスタントコーチからスタートし、

NBAチームのアシスタントコーチになり、実績をあげ、ついにニュージャージネッツのヘッドコーチになっ

たのだ。ルーキーヘッドコーチの連勝記録を樹立するなど、一流といってもいいキャリアをスタートさせた

のである。

2019年現在は、来季優勝候補筆頭のロスアンゼルスクリッパーズの球団社長として活躍している。

本当にすごいキャリアである。

ローレンスフランクもすごいが、アメリカという国もすごいと思う。

実力があれば、キャリアは問わないのだ。

日本では想像もできないことである。読売巨人軍の監督を、高校野球の監督経験者がやるような

感じである。そういうアイデアが俎上にあがったことすらないだろう。

考えてみるとわかるのであるが、指導者としての能力と、選手としての能力が同じわけがある

わけがないのだ。

少年野球にかかわっていたことがあるので経験値でいうと、いい指導者は必ずしも野球経験者

でないことが多い。彼らは細かい技術的なことは分からなくても、大きな視点で

チームをまとめることに力量があれば、とても優秀な指導者になることがよくあるのだ。

当たり前といえば当たり前であるが、日本においては常識ではないのである。

ローレンスフランクは、背も低いので、選手として活躍するよりも、

最初から指導者としての道を指向したのである。

それはとても素晴らしい視点である。

そして結果を出したのだ。

道なき道を自分でつくり出したパイオニアなのである。

私が尊敬する人物のひとりである。

タイトルとURLをコピーしました