貴ノ富士への引退勧告と、宮迫問題の根っこは同じである

事件の深読み


a0384932_14590000.png

大相撲の、貴ノ富士が弟弟子への暴力問題で、
相撲協会から引退勧告を受けた。
本人は納得いかずに、弁護士を雇いなんとか協会に残ろうとしているわけである。
この問題は、吉本興業とタレントの解雇問題と全く同質の問題である。
相撲協会は、面倒臭いというか、見せしめというか、
ロクに調べもしないで、「首を切ればいいだろう」という感じだ。
特に、この力士が現執行部と対立していた元貴乃花の弟子なのだから、
守る理由などかけらもないのだ。
「とっととやめろ」というのが本音だろう。
22歳の本人はたまったものではない。中卒で相撲取りになったのは、相撲協会に就職するつもりであるわけで、
こんなところで、ほっぽり出されたらたまらないとうのが本音である。
話を聞くと、たしかにロクでもない行為であるが、警察で立件されて起訴されるようなレベルではない。
日馬富士の暴行事件に比べると、かなり軽い印象である。
本人としては、数場所謹慎して、かりに序ノ口まで番付が下がっても相撲取りを続けたいだろう。
前例として、現在も十両で活躍する、蒼国来は、八百長容疑で一度解雇されたが、その後の裁判で勝訴し、
相撲取りに復帰している例がある。
これは本当に八百長をやっていなかったというよりも、立件できなかったというほうが正しいと思う。
まあ、似たようなケースである。

a0384932_14590988.png

相撲協会はお相撲さんが運営している組織なので、議論というものがほとんどないようだ。
理事長が「こうしよう」というと、全員が「ごっちゃんです」といってその通りになるのだ。
まあ組織とはいえないのである。
私の予測としては、裁判になれば、解雇するには案件が軽すぎるので、解雇は無効になると思う。
裁判の前に示談という可能性もかなり高いと思う。
公益財団法人なので、世間からの風評に左右されるはずである。
この問題の本質は、日本相撲協会が相撲取りと相撲部屋を十分に管理できていないことである。
そもそも、徒弟制度を続けていることが問題なのである。
親方株の問題をはじめ、相撲協会には解決しなければいけない問題が山のようにあるのに、
「最近はだいぶおちついてきたから、ごまかしましょう」というのがありありだ。
今回の対応も、
「我々はこんな問題にも厳しく対処しているので安心してください」という感じなのだと思う。

本当に懲りない連中だと思う。
貴ノ富士にしたって、仮に復帰しても、また同じことをやるだろう。
刑務所に入ったやつが、反省をして再犯をおこなさいほうが稀なのだ。
統計的には80%が再犯を犯すわけである。
相撲協会がやるべきことは、厳罰を下すことではなく、なぜ暴力がいけないのかを、しっかりと教育する
ことである。
『きちんと説明しました。識者の講演会を行いました。以上、完了です」
ということなのである。
まずは、日本相撲協会の理事に、お相撲さん以外の普通の人をいれることである。川淵三郎さんでいいと思う。
そして普通に改革すると、ものすごいいい団体になってしまうだろう。
まあ、そう簡単ににはいかないわけである。

a0384932_14585963.png

タイトルとURLをコピーしました