詐欺はバカみたいなやり方のほうがうまくいくものである。凝った詐欺はうまくいかない。

ためになる話


a0384932_14482632.png

オレオレ詐欺の手口は、とても単純である。
しかもこれだけ世の中に知れ渡っているのに、なくなる気配はない。
また、私などには、不動産投資などの電話やメールがひっきりなしに来るわけである。
どう考えても、まともな話ではないが、それに引っかかる人がいるから続いているのだ。
世の中には様々な人がいる。
とんでもなく頭の悪いひともいる。
金持ちが頭がいいとは限らない。
金を持っていても、頭が悪い人はいる。
バカらしいと思えるような手口を聞いて「本当か?」と思ってしまう人がターゲットなので、
あえてバカらしい話をしているのである。
電話をかけて、「こんなの詐欺にきまっている」と思いガチャッと電話を切ってもらうのは
好都合なのだ。そういう人はターゲットではないので、無駄な時間を使いたくないわけである。
頭のいい人むけの詐欺というのも存在する。
30年一括借り上げのアパート経営とかである。
これは合法だったり、非合法だったりするので、一概に詐欺とはいえないが、たいてい詐欺的な商売である。
30年一括借り上げというのは嘘で、数年ごとに料金の見直しがあり、契約解除ができるようになっているだ。
最初は新築だから、入居者が入るに決まっている。
ちょっと古くなると、入居者が減っていくので、大幅な値下げをいわれるのだ。
そして破綻するわけだ。

a0384932_14512322.png

世の中で楽して儲かる話はひとつもない。
でも多くの人は、楽をして儲けたいと思っているので、詐欺にひっかかるのである。
詐欺師は都合の悪いことはいわない。
書類のすみっこに書いておくのだ。説明はしたことにする。
「ちゃんといいましたよね?」というのである。無論言っていないのである。
その種類さえつくらないで、金を持逃げする人もたくさんいるのだ。
詐欺師にとって一番いいカモは、「私は詐欺なんかにひっかからない」と信じている人である。
詐欺師は詐欺だなんて、微塵も思わせない話術を持っているので、
「詐欺ではない、これは有効な投資である」と思わせるので、そのほうがはるかに好都合なのだ。
詐欺師をなめてはいけない。
彼らは日々新しい話術を開発しており、知れ渡った時には、新しい話術を開発しているものである。
最初に「オレオレ詐欺」の手口を聞いた時、びっくりしたではないか?
多くの人は、本当に騙されたのである。
「私は常に詐欺に会う可能性がある。常に気を張っていないといけない」と思っていないとダメだ。
話を聞いているということは、もう詐欺の入り口に入っていると自覚しなくてはいけない。
電話であれば、すぐに切ることである。
ありとあらゆる訪問販売の話を聞いてはいけない。
大手企業であっても聞いてはいけない。不動産詐欺はたいてい上場企業がやっているものである。
合法的な詐欺もたくさんあるのだ。現在の法律で逮捕されないだけの話である。
詐欺にあって金をなくすくらいなら、世界旅行にでもいって使うほうがマシである。
もしくは慈善団体に寄付をするとかである。
詐欺師はプロなので、同じ土俵にあがったら、絶対に勝てないのだ。
どんな力自慢でも、相撲の土俵にあがって、相撲取りと戦っては勝てないのである。
逃げるか、近寄らない。それだけである。

タイトルとURLをコピーしました