渋野日向子と畑岡奈沙の違い:現状では畑岡のほうが一枚上

スポーツ

a0384932_07245204.png

先日行われた日本女子オープンで、
渋野日向子と畑岡奈沙の違いをはっきりと感じた。
渋野のゴルフは、とにかく攻めまくって、
うまくいけば爆発するゴルフである。
わかりやすくいえば、すべてのパターのファーストパットを1mオーバーしてもいい力で
打ち続けるゴルフである。
かみ合えば爆発的なスコアになる。
女子ゴルフは3日トーナメントと、4日トーナメントがある。
当然ながら、3日のほうがこういう爆発的なゴルフには有利である。
確率論と、集中力を維持するという点からいっても、4日間でそれを行うのは
とても難しいわけである。

畑岡奈沙のゴルフは王道のゴルフである。
攻めるときは攻め、守るときは守る。
「このホールは絶対にバーディをとる」ということろは確実にとり、
「このホールはパーでいい」というところは、抑えている。
緩急があり、それを高い次元でやっている。
ゆえに、世界ランキング3位なのである。

私は渋野日向子は、米国のメジャーでトップをはることはないと思う。
たまたま、4日間そういう積極的なゴルフがかみ合ったのが、
この間の全英女子オープンだったのだと思う。

それと重要なのが、渋野日向子のモチベーションが何かということである。
畑岡奈沙は間違いなく世界一を目指していて、それが手に届く場所にきているわけだ。
仮に世界ランキング1位になったとしても、今度は史上最高の女子ゴルファーを目指していくだろう。
というよりも、彼女の目標は「史上最高の女子ゴルファー」だと思う。
ゆえに世界ランク1位や、メジャーに1回勝つことは通過点にか見ていないのが感じ取れる。

渋野日向子はそこがはっきりしない。
これは口頭で聞いてどうなる話でもないのだ。
彼女のゴルフでそれを感じるものなのである。
渋野のゴルフからは、意気込みが全く感じられないのだ。

彼女はすでに目標を達成してしまったのである。
おそらく日本ツアーではそこそこ活躍すると思う。
まあ賞金王にもなれるだろう。

でも再び米国のメジャーで勝つような選手にはなれないと思う。
今のままでは絶対に無理だと思う。
これから、何か大きな岐路があり、考え方が変わることがあれば
それはポテンシャルがある選手なので、大きく伸びる可能性はあると思う。

ジャンボ尾崎という選手がいる。

a0384932_07245519.png

史上最高の日本人ゴルファーである。少なくとも今日時点では。
彼は一貫してすごい選手だったわけではない。

私がゴルフをはじめた時、ジャンボ尾崎は賞金ランク18位の「元すごい選手」だったのだ。
最初の全盛時代と、次の全盛時代には10年以上の間があり、
その時は、弟の尾崎直道と建夫のほうが、トッププロであり、
兄のほうが格下だったのだ。
ところが、ジャンボの全盛時代は、実はこの後の40歳以降からになるという誰も予想をしていない
結末を迎えるのだ。
その間にジャンボ尾崎にどういうことが起きたのかは想像に難くない。
自分より格下だと思っていた、青木功や中島常幸の下で、復活を虎視眈々と狙っていたのである。
こんな選手は今後も現れないと思う。

2019年10月の時点では、
畑岡奈沙のほうが渋野日向子よりはるかに上にいると思う。
来年以降、この差はもっと開くだろう。

タイトルとURLをコピーしました