パチンコのほうが競馬より儲かる:確率論と利益率の問題

既得権者利益

パチンコのほうが、競馬よりも儲かる。
当たり前だ。
競馬は全売上の25%を抜いて、残りの75%を配当金として分配するのだ。
その25%のお金で競馬場を運営したり、寄付行為をしたり、広告などにお金をつかっているのだ。
パチンコはせいぜい、10%である。
不況になって売り上げが減ってしまうと、その率は若干上昇するが、それでも15%くらいである。
長くやればやるほど、この数字の通りになるのだ。
この数字以上に儲けようとすると、「出ない店」の烙印がおされ、つぶれてしまうので、
長期間営業をしている店はみんなそうである、世の中、甘くないのだ。

つまり、競馬の場合、
1000万円をつかったら、損は250万円になる。
パチンコの場合、
1000万円つかったら、損は100万円~150万円になるのだ。
どっちにしても儲からないので、儲けるためにやるのだったら、やめたほうがいい。
儲けるためには、
競馬であれば、騎手や調教師から不正に情報をもらうという方法がある。
パチンコであれば、その店のよく出る台の情報を店員とグルになり教えてもらうという方法がある。
どちらも、見つかれば逮捕されるわけで、実際に何人も逮捕されている。
パチンコ店の場合には、警察にいわない場合が多いので、店員が解雇されておわりである。
これ以外の方法で儲けるのは至難の業である。
競馬の神様といわれた、大川慶一郎は
「私は競馬で8億円もうけて、9億円負けた」といっていたが、そうだとしたら、かなり
勝っているわけなのだ。理論的には、儲けは6.75億円なのだから、(9億×75%)
1憶2500万円も余分に勝っているからだ。

ゆえに、ギャンブルは、金もうけではなく、ゴルフなどの趣味と同じだと思わないといけない。
そう思えば、金額を抑えれば、安くても楽しめるとてもいい趣味である。
私はあまり興味はない。なぜなら、そんなに時間がないからである。

タイトルとURLをコピーしました