北朝鮮はなぜミサイルを飛ばすのか?:練習である。

政治の裏側


北朝鮮はなぜ、ミサイルをあんなにバンバン飛ばすのか?
答えはシンプルだ。
実験を繰り返さないと、本番で使用できないからだ。
漫才師が、舞台に立つまで、練習を繰り返すのとまったく同じである。
それ以外の深い理由などない。
実験がデモンストレーションのように見えるわけだが、そうではない、
単純にノウハウを蓄積しているだけである。
ホリエモンのロケット会社が実施している「ロケット発射実験」とまったく同じである。
たしか2~3回失敗して墜落し、この間ようやく墜落しないで飛んだわけである。
理論的には問題なくても、実際には予想できないことがだくさんあるので、
実験は不可欠なのである。
この実験を「失敗」とかいう人がいるが、それは間違っている。
実験には失敗も成功もないのだ。
実験したこと自体が成功なのだから。
もし成功する実験だけを繰り返したとすれば、それは必要のないことをやっているに過ぎない。
むしろ無意味である。
ある意味、成功するほうが、意味がないのだ。
まあ時間の無駄である。
1+1=2 という問題を100回連続で解いて、すべて答えが2になるということを証明する実験は意味がないが、
成功するわけである。
成功とはこんなものである。
ロケットは、先に爆弾をつければミサイルで、先に人を乗せれば宇宙船になるわけである。
どっちに使うかは、状況次第である。
北朝鮮だって、宇宙開発には興味があるだろう。今はむしろ、防衛問題の意味が大きいわけであるが、
いずれは宇宙開発も考えたいわけである。ゆえにできるだけ実験はしたいのだ。
当然である。

タイトルとURLをコピーしました