フレンドリーなジロー系ラーメンができた:あの殺伐とした感じではなかった

オススメ飲食店


a0384932_00392393.png

近所に唯一あったジロー系ラーメンの
「ラーメン大」下高井戸店に最近行かなくなってしまった。
ジロー系のラーメンは、野菜の量が半端ではないので、魅力的なのである。
一方でこの店は、人生で入ったことのあるラーメン屋のなかでもっとも高圧的なのである。
注文した時に、追加トッピングをオーダーすることはできない。(ルール)
すべて用意が整い、丼にスープと麺が入り、最後に具材を入れるタイミングで、
店員がこっちに目線をくれた時に、「野菜マシでお願いします」とか
いわないといけないのだ。事前に追加トッピングを頼んでしまうことを
「フライング」というのであるが、カウンターに説明書きが貼ってあるのだ。
まあ、そうはいっても、あの値段(750円)であのボリュームは
他に歩いていける場所にないので、ありがたくいただいたいたのである。

ところが最近近くに、同じようなジロー系ラーメン屋ができたのだ。
郎郎郎(さぶろう)ラーメン明大前店である。

a0384932_00392529.png

a0384932_00415223.png

こちらは、店員さんもフレンドリーで、事前にトッピングを聞いてくれるので、
本能的にこっちにしか行く気にならないのだ。
味はそんなに変わらない。麺の質も太麺で同じである。
ラーメン大は、
なんというか、戦争中の配給の食事はあんな感じだったのだと思う。
店員も絶対に笑わないし、「混雑時のスマホ禁止」とかの張り紙もあるのだ。
せめて「いらっしゃい」とか「ありがとうございました」とか
いってもらいたいものである。
客もそれをわかってくるので、全員無言で、黙々と食べて帰る。
この店で、女性客が食っているのを見たことはない。
選択肢がない時は行くしかなかったが、

フレンドリーな店ができたら、そっちに行ってしまうわけである。
ああゆう「殺伐としたほうが好き」という人も存在するとは思うが、
少数だと思う。
店員さんは、フジテレビの逃走中に出てくるハンターのようである。

a0384932_07572717.png

タイトルとURLをコピーしました