安部さんのために憲法改正を実現し、その代わりに原発を廃止してもらおう:交換条件

政治の裏側

安倍さんのライフワークなのだ


a0384932_14151128.jpg

安部首相は、とにかく憲法改正がやりたいのだ。
なんでもいいから、とにかく1回でも改正できれば満足なのだと思う。
なら、やらせてあげよう。
大して、現行憲法と変わらないのだから、別にいいではないか?
でも、バーターである。

日本で最初に憲法を改正した男として名前を残すことはOKだけど、
その代わりに、ちょっと大きめの改革をやってもらうのだ。

原発廃止がいいと思う。

原発を廃止してくれるのなら、憲法改正なんてお安いものである。
憲法なんて紙っ切れの話であり、
嫌なら、また変えればいいだけの話である。

でも原子力発電所のリスクは何万年も続くのだ。
北朝鮮の打ったミサイルが原発に当たったらどうなののか?
本当に人間が住めなくなる。

予想できない直下型の大地震が、原発の真下で起きたらどうなるか?
この間の東北大地震だって、予測できていないわけである。
「すみません。予測できませんでした」と言われて、困るのは我々国民である。

原発を維持しようとしている人たちは、
既得権として、たくさんのお金や仕事をもらっているわけである。
でもそのために、ほかの99%の国民が不利益を受けるわけである。

1%くらいの利権者がいるわけであるが、考えてみるとわかるが約100万人である。それくらいはいるのである。ほとんどの公務員、東京電力関連会社の人などを合わせると、それくらいになるのだ。それだけの人の利権なので、現在も続いているわけである。

そもそも安部さんが、原発維持に賛成しているのは、
憲法改正のためにお金がいるわけで、
その費用を原発関連事業から捻出しているわけである。

ようは発想の転換である。

憲法改正くらいどうでもいいではないか。自衛隊を明記するくらい、何の問題もない。
でも原発は本当にやばいわけである。
日本に廃棄燃料を捨てる場所もなく、日々増えているわけである。数万年たっても放射能が消えないのだ。
5万年かかるとして、その施設の年間の維持費が100億円だとしたら、5京円である。
人生で京という数字をみたのは二回目で、二匹のショウジョウバエが増えていくと理論値では数か月後に1京を超えるとのことである。

それを未来の人たちに負担させるのを前提でやっているわけで、ありえないだろう。
その処理場所の候補さえ存在していないのである。

憲法改正は当然のことだと思う。
どう変えるかは問題であるが、
変更そのものがいけないというのは間違っている。
普通に考えれば、
憲法に「陸海空軍は有してはいけない」とあるのに、戦車や戦闘機や巡洋艦があるのはどう考えてもおかしいだろう。
まあ、そうはいっても、
現状では憲法改正はそう簡単にはいきそうもないので、バーターにして、
こっちもうまく利用したほうがお得である。

タイトルとURLをコピーしました