ZOZOの前澤さんには問題がある

ZOZOの前澤が経営者を引退して、ソフトバンクに株を売り渡した。
彼はテキトーな男である。
ポリシーはあるかもしれないが、
たいしたものではない。
たまにいるのであるが、部分的にみると、「なんかすごい人だなあ」と思うのであるが、
実際にあってみると大したことはない人である。
昨日の記者会見を見て、私は「まだかっこつけすぎている」と思った。
彼の真意は、
「もう残りの有り金を散財することに集中し、のこりの人生を、遊んでくらそう」
である。
そういえばかっこいいのに、なんでかっこつけるのだろう?
「新しい仕事をやりたい」なんて嘘っぱちだ。
だったら、全財産をユニセフに寄付して、本当に0からやればいいのだ。
それは超かっこいい。
「何をかっこつけているんだ」と私は思った。
金をもっているのだから、遊んで暮らすことに何の問題もない。
かわいい恋人だっていたって全然問題ない。
日本一、刹那的に生きているカップルかもしれないが、全然問題ない。
人間は目的がないと生きていけない。
長生きをすることを目的にするのは、けっこうきつい。
自分が納得できる目的をつくるのは、けっこう難しいものである。
事実を言う。
アメリカの多くの金持ちは、リタイヤして間も無く死んでしまう。
それは目的がなくなると、物理的に生命を維持できなくなるように
人間はセッティングされているからだ。
一般的に、超金持ちはビルゲイツや松下幸之助のように、慈善活動にシフトするものである。
それが自然の流れだからだ。
なぜ人間は生きているのか?
それはよりよい地球をつくるためである。
それが真理なのだ。
刹那的に生きることは別に悪くない。
前澤はそういう意味で、けっこう特殊な人なのだと思う。
ZOZOのような企業を作ろうと思ってできたのではなく、「結果的にできちゃった」というタイプなのである。
私は剛力彩芽はそのうち耐えられなくなると思う。
彼女は普通に前向きながんばりやである。
今はそれでいいと、自分に思い込ませているはずであるが、刹那的な生き方は
けっこう辛いものである。
仕事や、子育ては、辛いからこそ、面白いのだ。
私はよく息子にいう。
「1+1=2 という問題だけを解いていたら、一生100点満点の人生である。それがどれだけ無意味な人生か理解できるか?
難しい問題に挑戦すれば間違って当たり前である。それを乗り越えるから楽しいのだ」
私が考える剛力彩芽の人生は、
しばらくして(1年後)突然、彼女は彼ももとを離れる。
芸能界に彼女のかつての席は残っていない。
彼女は汚れ役に挑戦し、女優としての地力をつけていく。
10年後、「そういえば昔、彼女はお金持ちの愛人だったわね。今は間違いなく日本一の女優ね」
なんて呼ばれたりしていて。
私の予言である。
前澤が猿にみえてくる。

タイトルとURLをコピーしました