日本というプラットフォームは、世界最高かもしれない

楽しく生きるコツ

アメリカに3年住んで感じたのは、

やっぱり日本がいいということである。

最初の1年くらいは、浮かれているので、アメリカのほうが

いいと思うのであるが、よくよく考えてみると、

はるかに日本のほうが住み心地がいいのである。

日本のいいところ、よくないところ

(いいところ)

治安がいい、物価が安い、人間性がみんないい

○1億人という人口規模がマーケットとしてちょうどいい

(よくないところ)

アメリカのいいところ、よくないところ

(いいところ)

アメリカンドリームがある、大儲けした時の桁が違う、広い、刺激がたくさんある

(よくないところ)

治安が悪い、物価が高い、レベルの違う犯罪が起きる、

日本人が気づいていない、日本のよさ

日本人が当たり前だと思っていることは、世界的には

特殊であるわけである。以前フィリピンにいって、歯磨きのために

口をゆすいだだけで、アメーバ赤痢になったことがある。

日本で、ピストルの音を聞いたことはないが、米国ではけっこう聞いた。

やっぱり、経済的に、人口1億人って、意外にいいのである。韓国の二倍以上あるし、

そこそこ儲かるから、この市場規模はかなり魅力なのだ。

しかも、少子化によって、外国人が入ってこれる余地がどんどん増えているから、

それも魅力的なのだ。

やっぱり、安心してのんびり暮らすことができて、仕事もそこそこできる国家って

そんなにないというか、日本だけなのかもしれない。(本音)

 

タイトルとURLをコピーしました