パチンコで10万円勝った元旦の出来事:エスパス赤坂

ギャンブル

パチンコをやる時は、最低でも連続して5時間以上時間がある時

しかやらない。時間をかけないと勝てないことをわかっているからだ。

もう15年くらい前のころ、元旦に赤坂の駅前のパチンコに早朝からいっていた。

ここは元旦も営業していて、それなりに客も入っていた。

私は、お気に入りの「ルパン三世」の台で打っていた。

5000円くらいつぎ込んだところで、フィーバーし、

すぐに確変モードになったのだ。

そして3時間くらい打ったところで、時間切れになってしまった。

家族と初詣にいくことになっていたのだ。

名残惜しかったが、その台で換金して5万円ほどの儲けになった。

私が去ったあと、競うようにおっさんがタバコを受け皿にいれ、

その台で打ち始めた。

それから3時間後、私は赤坂のパチンコ屋に戻ってきた。

そうすると、さっきのおっさんが、打っていて、

全くでていないようだった。そして、しばらくすると立ちあがり、帰って行った。

私は同じ台に再び座り、また打ち出したら、1000円もしないで、

フィーバーし、確変モードに突入してしまった。

あのおっさんが、見ていたら、発狂していただろう。

そこから、玉はで続けて、また5万円くらい勝ち、トータルで10万円くらい儲けた。

もし朝からずっと同じ台で打ち続けていたら、せいぜい2万円くらいの儲けだったと思う。

まあ、こういうことも稀にはある。爾来、10万円以上パチンコで勝ったことはない。

というか、パチンコをほぼやっていない。

なぜなら、連続して5時間以上やるような暇がないからだ。

パチンコをやる時は、ある程度時間と暇と金を持て余している時だけである。

3つが揃わないと、私はパチンコをやらない。おそらくもう二度とやらないかもしれない。

タイトルとURLをコピーしました