ルパン三世カリオストロの城、アニメ史上最高の作品の、ここだけが嫌いなシーン

ちょっと笑える話

実はあの宮崎駿監督作品なのである

個人的にはこの映画が、アニメ史上で一番よかったと個人的には思っている。

何回みただろうか?原作はモンキーパンチで、宮崎アニメではないのであるが、

違和感0で、むしろルパン三世史上最高の作品ではないかと思う。

これはそんなに反対意見はないと思う。

宮崎駿が、もののけ姫で不動の地位を作る前の作品なのである。

ストーリーは架空の国を舞台にしている。その国のかわいい王女様のクラリスと

ルパン三世との物語なのである。

唯一で最大の問題点、ラストシーン

もうこれだけが本当に嫌なのだ。この映画が上映していた時代、

家庭用のビデオは普及していないので、私は劇場で数回見ているのであるが、

このシーンだけが、本当に嫌なのだ。

これが「素敵」という人もいるかもしれないが、私はこの銭形の台詞に

鳥肌がたつのである。(無論悪い意味で)

これさえなければ、最高のアニメ映画だと思う。

私のようなオタク系の人間からみると、このクラリスというキャラクターは

たまらなくかわいいのである。(こわ〜)

青い目で、控えめで、かわいくて、無口で、言うことないのだ。

タイトルとURLをコピーしました