私が一番好きな告白シーン:フラッシュモブを超えたフラッシュモブ(動画あり)

楽しいアメリカ生活

実はラブコメが好きなのだ。

おっさんであるが、なんか学園ドラマが好きで、つい見てしまう。

もう少女のようで恥ずかしいのであるが、この映画の、告白シーンが

とっても素敵で憧れてしまうのである。まあ、ある種のフラッシュモブである。

恋のから騒ぎ

ジュリアスタイルズって、男に媚びてないので女の子から人気があるけど、

男からみても、もちろんかわいいので、こういうこってあんまりいないと思う。

ヒーズレジャーも、全然男からみて嫌味じゃないので、

なんかとても共感できるのである。

自分自身がこれをみて、気分がいいということは、おそらく男目線なんだと思う。

なんか、自分が彼に同化してみているのって、恥ずかしいけど、

映画なんだから、そういう気分になるのは気持ちいいわけです。

生まれ変わったら、ハンサムになってみたい・・・・

この映画自体は、このシーン以外は退屈で、寝てしまいそうになるような内容である。

このカットをみれば十分なので、見なくていいと思います。

この英語の原題は、「私があなたについて嫌いな10のこと」というタイトルで、

なおかつ、この原作はシェイクスピアの物語をモチーフにしているのに、

日本語のタイトルが「恋のからさわぎ」では、センスがなさすぎて、

ダサすぎる。本当に日本の映画配給会社には、ロクなコピーライターがいないのだ。

映画配給会社の仕事の9割は、邦題をつけることなのに何もわかっていない。

日本には優秀なコピーライターが死ぬほどいるのに、映画業界にはいないのである。

理由は儲からないからだと思う。

みんな電通とか博報堂にいってしまうのだ。

タイトルとURLをコピーしました