サダムフセインは読みが浅かったゆえに、絞首刑になったのである

事件の深読み

フセインが絞首刑になり、バクダディは自爆死した違いについて

最近、ISの指導者であるバクダディ氏が米軍に追い込まれて自爆死したという

報道があった。イラク元大統領のサダムフセインは、潜伏先で捉えられ、

裁判の後に、絞首刑になったわけである。

なぜ、このような違いが起きたのであろうか。

ヒトラーが自殺したのは、殺されることを予測できたから

ヒトラーはドイツの敗戦が濃厚になったところで、自殺したわけである。

捕まれば、殺されることを察したので、自殺したのである。

これは先を予測したわけである。おそらくその通りになっていただろう。

さらし者として、殺されていた可能性が極めて高いわけである。

ある意味、正確に、予想できている脳をもっていたわけである。

フセインは、なぜ自殺しななかったのか?

サダムフセインはそんなに抵抗しないで、逮捕されたという。

逮捕されたという認識も低かったのかもしれない。なんとかなると思っていたのかもしれないが、

だとすれば、政治家として、軍人として、あまりにもお粗末である。

こんな判断しかできない人物が、一国の指導者だったわけであり、イラク国民は

不幸だったと思う。アメリカとの戦争も、もう少しまともな指導者であれば

避けれた可能性が高かったのだと思う。

この事実だけで、彼に指導者としての能力がなかった証拠であるといえる。

織田信長にしても、死体は見つかっていないのは、自分の身体が

さらしものになることを避けたのである。

そしてサダムフセインは無残な処刑写真が世界中に公開されたわけである。

バクダディは、いくらかマシな指導者だったわけである

彼が死を選んだのは、悪い選択肢ではないだろう。必ず殺されるのだから。

米軍としては、理想的には生けどりにしたいわけであるが、

自殺することは想定内であるはずである。

人間は覚悟が重要であり、どういう覚悟を持つかで、その人間の価値が

決まるわけである。

死ぬと分かっていて、醜態をされすのか、潔くするのか、それはとても重要なことである。

そういう状況をすべて分かった上で、

例えば米軍がこういうことをしていたらどうだろう。

サダムフセインが行きている情報をつかんだあとに、

彼を死なないように全身麻痺させるような状況にして、

結果として殺せないように生けどりにして、絞首刑にしたとすれば・・・・

アメリカはそれくらいのことはやりそうな気がする。

何しろ、自国の大統領JFKまでも暗殺しちゃうくらいの国家なのだから。

本当におそろしい国である。原爆は落とすし・・・・

タイトルとURLをコピーしました