人生相談:安定した仕事を捨てて、新しい仕事に臨むのは無謀か?(東京都、40代女性)

楽しく生きるコツ

Q

都内の大手企業に勤めている、独身です。暮らせるだけの給料をもらい、仕事に大きな不満はありません。でも、近い将来に、ひとの健康を助ける仕事をしたいと考えていて、その勉強をするために退職するかどうかで悩んでいます。友人からは「うまくいくかどうかも分からないのに、せっかくの会社をやめるのはもったいない」と言われました。正論だと思いますし、老後のことを考えると、気持ちが揺れます。矛盾している感情なんですが、今の仕事も大事だと感じています。不器用なので、今の仕事を続けながら資格の勉強をすることはできません。いままでの蓄えと退職金で、学費を払っても2〜3年は暮らしていける見込みはあります。安定を捨てることは無謀でしょうか?再出発をするには遅すぎるのでしょうか?

安定とは何か?

えぐるようなことをいいます。もしあなたが結婚していて子供がいれば、そういう悩みを持つことはなかったでしょう。毎日の生活に忙殺され、悩んでいる暇などないわけです。大手企業で安定した収入があれば多くの人が「うらやましい」というわけです。でも、それであなた自身が満足しているのなら、決して新しいことをやろうとは思わない。つまり、あなたは本能的に、今の生活から抜け出したいと思っているのです。安定とは何でしょうか?三度食事がとれることですか?だとすれば、刑務所にいる懲役囚は安定した生活を送っていることになるますね?違います。

悩んだら答えは一つ:ワクワクするほうをやる

答えは簡単です。どっちにしようかと迷ったら、「こっちのほうが面白そうだな」とか「こっちのほうがなんかワクワクする」と思う方をやりましょう。子供の時、全ての人間はそうやって行動してきたのに、社会という枠にはめられて自由を奪われていったわけです。あなたの本来の活力が戻ってきたのです。とても素晴らしいことです。悩む理由などありません。

人生の目的とは何か?

人間は何のために生きているのでしょうか?1日でも長く生きるために生きているのでしょうか?そのために、できるだけ多くの貯金をして、長生きしても生活できるだけの財産を貯めることが人生の目的なのでしょうか?私は違うと思います。坂本龍馬は30歳で亡くなりましたが、日本という国家に大きな影響を与えた素晴らしい人生だったと思います。彼が長生きをしたければ、脱藩をせずに普通に生活していたら、達成できたでしょう。坂本龍馬は無謀と思われても、「日本を変えたい」という欲求に従ったわけです。そして誰もが尊敬できる素晴らしい人生を歩むことができたのです。あなたが、「健康のための仕事をやりたい」と思ったのは、それは龍馬が「日本を変えたい」と思ったのと全く同質のものです。内側から湧き上がった感性は、本物の場合が多いです。自分のやりたいことをやれる自由、これが人間であることの醍醐味です。

失敗とは何のことでしょう?

あなたは失敗すると怖いと考えているはずです。では、失敗とは何でしょうか?生まれたばかりの赤ちゃんは歩くことができません。歩こうとしてなんども繰り返し練習をして、1年くらいすると歩けるようになるわけです。この練習を失敗とは誰もいいません。何か新しいことをやれば、必ずうまくいかないことが出てきます。そこで繰り返し練習したり、新しいことを学んで克服していくわけです。それを続けていきさえすれば、必ずうまくいくようにこの世の中はできているのです。もしかしたら、途中で「全然別の道に行く方がもっといいことがある」、と感じたらそれに従えばいいのです。それはとてもいいことです。この循環に乗ることが人生ではとても重要であり、この循環にのった人を世間では成功者と呼ぶわけです。

親だったり、仲のいい友人であれば、応援しないもの

新しいことに挑戦しようとすると、仲のいい人に限って、反対することが多くあります。これをドリームキラーと呼びます。悪気がないからかえってやっかいです。「あなたのためを思って私は反対する」という言い方をします。本気で、やめさせようとするわけです。理由は、自分自身が縛られているのに、仲のいいあなたが自由になると、自分が不安になるからです。おそらく、会社の同僚のほとんどはドリームキラーになるはずです。「自分たちはこの会社にい続ける限り幸せだ」と思っている人なので、もしあなたが独立して成功したら、その価値観が揺らいてしまうから、反対するのです。これは普通のことです。

逆に、親しい人には相談しないで決断しないといけない

仲がよければいいほど、本気で反対するものです。だから、あまり相談しないほうがいいです。イチローが大リーグに挑戦しようとした時、父は大反対したそうです。「日本にいて中日の選手になれ」と指導したそうです。結果はどうなったか?イチローは超一流のメジャーリーガーになり、そして父とはほぼ絶縁しているそうです。イチローが引退した時に、自分を野球に導いていくれた父に対するコメントがたったの一つもなかったことを知っていますか?こういうことはよくあります。

人生の目的は、自分のやりたいことを、一緒にいて心地のいい人と、楽しくやることである

なんとなく感じるのですが、今の職場にいても新しい出会いの可能性は低いのではないでしょうか?新しい環境にいくと、新しい出会いも多くあります。40代というのは人生の半分もきていないわけで、これからのほうが長いわけです。おそらく本能的に「ここにいてはいけない」と感じたのではないでしょうか?もしかしたら、健康の仕事でなくてもいいのかもしれません。まずは行動することです。行動することで、すべてがうまくいくようにできているのです。新しいことをやると、何かが動き出し、人生が素晴らしい方に変化していくわけです。それを体感しましょう。

タイトルとURLをコピーしました