なんで韓国の人はあんなに自殺をするのだろう?自殺だけはしてはいけない。

事件の深読み

元KARAのメンバーが自殺をした話をきいて

あれだけきれいなのだから、死ぬ理由なんてあるわけないと思うわけであるが、

実際に死んでしまったわけである。色々な理由があると思うが、

韓国には「人を許さない」文化があるような気がする。

何か問題が起きると、どこまでも追い詰めていくのだ。

いずれにしても、韓国では自殺が多いから、多くの人はそれがソリューションだと思うのか

悪循環が起きているのだと思う。

自殺で解決できる問題は存在しない

生きてさえいれば、ほぼ全ての問題は解決できるわけである。今悲しかったり、

苦しかったりしても、そのまま続くことはありえないわけで、

何らかの解決方法が必ずあるのである。

よく「恥をさらして生きていくより、死んだほうがマシだ」という人がいるが、

自分のやった行為を「恥」と決めつけるような人は、自分に対して悪意を持っている人で

ある。自分のことを好きでいてくれる人は、決して「恥」だなんて思わないわけである。

ようは、自分が嫌いな人のために自殺するのか、自分の好きな人のために

生きるのかという二者択一があった場合に、前者を選ぶのはとても愚かなことだと思う。

必ず自分の味方になってくれる人は存在する

自分が大好きだと思っていた人から否定されると、人間は混乱する。

それはふつうのことである。でも、その大好きだと思っていた人を、本当に

大好きだったのかということを考えるべきである。

無条件に信頼したいた人が、実は悪人だったなんてことはよくある話だ。

オウム真理教の死刑囚を見ればよくわかる。

信頼していた教祖の命令だから、言うとおりに殺人を犯したが、洗脳がとけて

みてようやく「騙された」と気づくのである。あの事件は特殊な事件ではない。

程度問題だけで、同じようなことは日常的に身の回りでおきている。

自分が生きている理由をしっかり考える

なぜ生まれてきて、なぜ生きているのか?根源的な話であるが、しっかり考えたほうがいい。

正確な答えを知っている人は誰もいないわけであるが、だからこそ

しっかり考えないといけない。生きていると、楽しいことがたくさんおきる。

その楽しいことをするために、人間は生きているのだ。

自分にとって楽しいとはどういうことなのか?過去の体験から、自分が本当に

楽しいと感じたことを紐解き、同じような体験をできるだけ多くやるのだ。

他人からチヤホヤされたり、散財したり、それが本当に楽しいことだったのか?

おそらく違うはずである。

5歳の時に、自分が何に楽しんでいたのか?そのあたりに本当の答えがあるのだ。

まず環境を変えること

環境を変えることが一番大事である。環境を変えられないとしたら、なぜ変えられないのか

を考える。考え方がわからないのだとすれば、考えるための方法を考える。

誰かに聞くのか、本を読むのか。

聞く人が誰かがわからないなら、誰に聞いたらいいのか考えるのだ。

問題解決は、紐解いていけ必ず解決できる。

逃げるというのは、かなりいいソリューションなのである。

タイトルとURLをコピーしました