女性トラックドライバーが多くなっている理由

ノンカテゴリー

スナックの女性が、日中はドライバーをやっているということで

町田にあるスナックにたまにいくのであるが、そこに最近入った女性は日中ドライバーをやっているとのことで、いろいろと話を聞いたのであった。35歳で独身である。彼女いわく、「女が男と同じ給料をもらえる職場って実はそれほど多くないけど、ドライバーは男と全く同じに扱われる。でも最近は、男からみると給料は安いほうだし、仕事もきついから、続く男はとても少ない」とのことだった。なるほど、女性からみると魅力的で(男性なみにかせげる)でも男からみると、きついし、やや給料も安いので魅力がないということなのである。ついでにいろいろなことを教えてもらった。長距離トラックと、中距離トラックの違いについて質問すると、「長距離トラックは大型になるから、肉体的な負担がすごく大きくなる。長年やっていると、まず背骨が変形してしまうので、中距離のほうがまだマシ」とのことだった。たしかに、あれだけでかい車なので振動も半端ではないわけである。毎日十時間くらい運転していたら、たしかにおかしくなるかもしれない。「中距離だと、まめに荷物の上げ下ろしがあるから、それが適度な運動になって、むしろ体にはいい」とのことだった。知らないことだらけである。現在は違うかもしれないが、パイロットの寿命は一般人よりもかなり短いという。私が以前見た資料では、67歳とでていた。考えてみるとわかるが、体にいいわけないのである。彼女が、ドライバーを選んだ最大の理由は「勤務中人と話す必要もないし、時間だけ守っていれば、細かいことをいわれることはまずないから」とのこと。彼女は飲み屋で働いてはいるが、たしかにコミュニケーションが得意という感じではなかったと思う。「なるほど」と思ったしだいである。

タイトルとURLをコピーしました