冷やし中華を、一年中食べたい

日常の出来事

なぜ、冷やし中華を冬に販売しないのか?

かき氷は、夏の食べ物であることに異論はない。原宿の路上で、真冬にかき氷を食べる人はほぼいないと思うからである。でも、冷やし中華は全く違うと思う。ネーミングに「冷やし」という言葉が入っているだけで、別に夏の食べ物ではないではないか?もし、冷やし中華が夏限定であるとすれば、ざるそばも、夏に限定の食べ物ということになる。ざるそばは、一年中食べることができるのに、冷やし中華は夏場にしか食べることができないのは、本当におかしいと思う。韓国料理の冷麺は1年中食べることができるではないか。

冷やし中華は、つけ麺と同じカテゴリーである

一部の店舗では、冷やし中華に氷を入れて出す場合があるが、あれは邪道である。冷房のない時代であれば、理解できるが、そもそも夏場でも熱いラーメンを食べる人は多数いるわけで、ラーメン屋の店内は夏場かなり涼しいわけである。あえて氷など入れる必然性はないと思う。冷やし中華は、実はつけ麺と同じカテゴリーの商品なのに、勝手に夏限定イメージがつき、それが当たり前だという思い込みにより、冬場販売されていないのだと思う。

ヘルシーで、他にない味わい

一般にラーメン系の食べ物はジャンク系の食べ物である。まあ、健康にはよくないわけである。その理由は、大量の脂肪と塩分である。ところが、冷やし中華は基本的に酢醤油をベースにしたものか、ゴマだれベースなので、ラーメン系の食べ物の中ではかなりヘルシーなのである。付け合わせ野菜の、キュウリやトマトなども、ジャンクではない健康的な食べ物なのである。

ネーミングの問題なのだと思う

名前に「冷やし」と入っているので、寒い冬がさらに寒くなるイメージがあり、あえて売りたくないという気持ちはなんとなく理解できる。だから、「ヘルシー中華麺」とかネーミングを変えて、1年中販売してほしいものである。世の中に存在する食べ物の中で、冷やし中華はかなりおいしいものであると思うからである。どこで食べてもそんなに味の差もなく、ヘルシーでおいしい食べ物はそうはない。酸っぱい食べ物自体がそうはないので、健康食品である酢をとることができる数すくない料理なのである。

似たようなものに、スイカがあると思う

スイカも夏の風物詩である。注意してみていると気づくのであるが、9月に入った瞬間に、スイカの販売量は劇的に減少し、10月になるとほぼなくなってしまう。現在のバイオテクノロジーがあれば、冬場でもそれなりにおいしいスイカをつくる技術はあるはずなのに、誰もやろうとしないのは、「スイカは夏のもの」という偏見である。スイカの仲間であるメロンがほぼ1年中食べることができるのとは対照的である。スイカも私は1年中食べたいのである。でも、実際に冬場に販売されているスイカは、値段が高いわりに甘くないので食べる気がしない。これは単なる悪循環であると思う。冬場は売れないから、あまりつくらない。あまりつくらないから、おいしい冬場のスイカができない。そういう悪循環なのだと思う。でも、スイカに比べれば、冷やし中華はなんの問題もなくつくることができるわけで、すぐにでも販売を開始してもらいたい。

タイトルとURLをコピーしました