なぜ、宮迫博之が復帰できないのか?

事件の深読み

復帰しようとしている場所が、テレビ番組だからである。それは無理だ。

闇営業事件からだいぶ時間が経過しているが、宮迫の復帰はまだ実現していない。これは、彼がテレビの司会業に復帰しようとしているからである。無理である。別の道を探すしかないのに、何を夢を見ているのかといいたい。清純派未成年アイドルが、タバコを吸って男とホテルに入るとことを目撃され、それまで通りにアイドルとして復帰しようとしているのと同じである。それは無理である。わらべの高部知子といっしょである。清純派アイドルだった彼女は、ラブホでタバコを吸っていた写真が流失し、復帰はしたが、その後の仕事はセクシーグラビアなどの仕事であったわけである。

テレビ番組は複数のスポンサーの意向が重要なので合意できるわけがない

アメトークにしても数社のスポンサーがいるわけである。1社だけの専属スポンサーで、高須クリニックのように個性派オーナーの企業であれば、オーナーの意向ですべてが決定できるかもしれないが、数社あるスポンサーがすべて合意する可能性は0である。企業側は、自社ブランドの広告のためにスポンサーになっているわけで、仮に少数であっても「宮迫は嫌い」という視聴者がいれば、復帰を認めるわかがないのである。しかも広告出稿決定権者は、その企業の広告担当部長であり、サラリーマンの判断として、宮迫の復帰を認めて問題が起きた時(不買運動等)、責任をとらされて自分が減給か左遷させられてしまうリスクがあるわけである。だれもそんなことはしないわけである。そういうリスクがあっても、ある企業の広告担当者が「ぜひ、宮迫さんには復帰してもらいたい」といったとしても、数社あるスポンサー企業全部でそうなる可能性は0である。

テレビ朝日 アメトークのスポンサー一覧:全社からの合意を取ることは、ほぼ不可能である

もっと実力主義の場所を探さないといけない

ゆえに、宮迫はアメトークなどではなく、純粋に芸人のネタを勝負できる場所を探すべきなのである。劇場なのか、もしかしたら、何かのコンテストなのかもしれない。それであれば、だれも文句はいわないはずだ。むしろ歓迎されるかもしれない。ただ、相方のホトちゃんは、それを嫌がるだろう。今更ネタをやるよりも、現在のアメトークの司会を継続したほうが、彼としてはるかにメリットがあるからである。何も問題を起こした宮迫につきあってあげる理由は存在しないわけである。

芸人なのだから、芸をやらないとダメだと思う

もうしばらくは、彼がどんな偉そうなことをいっても誰も聞く耳はもてないわけで、MCをやることはできないのである。下積みからやらないで、いきなり今まで通りは不可能である。もし、そういう甘い考えを持っているのであれば、捨てたほうがいいと思う。芸能界というのは厳しい世界で、誰かが空けた穴は、すぐに他の誰かによって埋まってしまうようにできているのだ。ビートたけしのように、唯一無二の才能があれば別であるが、宮迫はそこまでのレベルではない。ベッキーがいい例で、それなりに復帰しているとはいえ、全盛期に比べれば1/5くらいの仕事量であろう。かつてのポジションは、小島瑠璃子とか、指原莉乃が完全に奪ってしまっているわけである。

おもしろいのだから、しっかりと舞台をやってほしい

本業は舞台芸人であるのだから、しっかりと舞台でがんばってほしいと思う。ホトちゃんもある程度は協力してくれるはずである。そこでがんばれば、自然にMCの道も開けていくと思う。どこかのローカル局でがんばるというのも手かもしれない。

タイトルとURLをコピーしました