3歳の時のスキーの思い出(秋田県横手市)

ノスタルジー

3歳の時に秋田県に住んでいた(1969年)

私は生まれは東京で、1歳くらいの時に、秋田県横手市に家族で引っ越しをした。

物心がついた時は、秋田県だったのである。

おそらく普通は3歳くらいの記憶は曖昧な人が多いと思うが、

雪深い秋田から、東京に引っ越ししたというインパクトが大きかったので、

幼少期の記憶はかなり鮮明に残っているのである。

自宅の近所にスキーができる広場があり、そこで母といっしょにスキーを滑った

日のことはよく覚えている。

スキーといっても、自分で滑ったのではなくて、母のスキーの後ろにこんな感じで

乗っかっていたのである。

小高い丘の上までスキーをかついで上がり、そこから緩やかな斜面を数百メートルくらい

すべり降りるのである。

母に聞いてみたところ、当時は日本にリフトはほとんど存在してなくて、

スキーというものは、人が自分で担いで山に登り、そこからすべり降りるという

むしろ冬山の登山の一部のようなものだったとのことである。

リフトに乗るのが当たり前だと思っていたが、そうではなかったのである。

考えてみると、なんか不思議な気がする。

なんかとてもワクワクして楽しかったことを思い出す。

先日、上越のかぐらみつまたスキー場で滑っていた時に、ふいに昔の日のことを

思い出したのである。楽しい思い出である。

タイトルとURLをコピーしました