中1の息子と、鳥貴族に行ったら・・・「二度と行かない」

オススメ飲食店

下高井戸駅前の鳥貴族に二人でいった

鳥貴族は、大手居酒屋チェーンである。実は、中1の息子とは何回か

いったことがあるのだ。彼は特に、ぼんじりの焼き鳥が好きで、

たまにいくのであった。

今回も、いつものように行ったのであるが、途中でいきなり、

「もう帰りたい。二度と来たくない」といいだしたので、

よくわからないが、すぐに店をでた。

「たばこの煙が耐えられない。この時代に、禁煙じゃない店って信じられない」

とのことだった。

過去に、何回か来た時には、たまたま周りにタバコを吸う人がいなかったので

気にならなかったのであるが、今回は途中できた隣のグループが

けっこうな喫煙者だったのである。

私自身は、どうしても知人にタバコを吸う人がいる関係で、それほど気にならなく

なっているのであるが、彼は本当に嫌だったようである。

「なぜ、日本政府は全面的にタバコを禁止できないの?」というので、

「それは税収が減るのと、国会議員にもタバコを吸う人がいるし、

日本たばこ産業株式会社は、政府が運営する会社だから、多くの利権が

あるからやめられないんだよ」と答えた。

「だったら、消費税を1%増税して、そのお金でタバコ廃止の財源にすればいい

と思う」というのが彼の意見だった。

まあ、個人的にはそこまでしなくてもいいとは思うが、煙が嫌ななのは

理解できる。最近行った大手チェーンで、禁煙されていないのは、私の記憶では

鳥貴族くらいである。これだけ、禁煙が進んでくること、逆に喫煙者のための

店の需要が多くあるように思う。

喫煙のほうが、う

まくやればもうかるかもしれない。ビジネスチャンスかもしれないと思ってしまったのである。

何がチャンスになるか、わからないわけである。

タイトルとURLをコピーしました