なぜタピオカ屋はつぶれないのか?

新しい商売

終了したタピオカブーム、でも営業を続ける店が多い

タピオカブームが完全に終了し、もうすでに多くの店が閉店しているわけである。

一方で、客がいなくなっても、営業を続けている店も多数ある。

普通に考えてみて、現在世の中にあるタピオカドリンクの店の90%くらいは、

閉店したほうがいいわけであるが、そうはならないのだ。

ほとんどのタピオカ屋は個人経営ではないから

イメージしてみるとわかりやすい。サラリーマンをやめて、なけなしの

退職金で独立して何か事業をやろうとしている人は必死である。

少しでも成功する確率の高いビジネスに投資し、人生を賭けて

努力するわけである。

タピオカ屋の経営者にそういう人はほとんど存在しない。

タピオカドリンク店の経営者の多くは、他の事業で儲かっている金持ち

の連中か、そういう金持ちから金を吸いだしてだまし取ろうとしている

フランチャイズ詐欺グループのどちらかが中心なのである。

ようは、個人経営でしっかりと頑張ろうとしている人ではなく、

楽して稼ごうと思っている金持ちと、詐欺師ばかりなのである。

店頭に行くとわかる。店舗にいるのはアルバイト店員ばかりである。

本気で飲食店を経営しようと思っている人間が、店舗にいないなんてことは

ありえない。バイトに任せて新規事業がうまくいくなんてことはないのだ。

現場レベルで、改善を繰り返しながら、ありとあらゆる手段を講じても、

うまくいくかどうかはわからないのが、飲食店の経営である。

そういうレベルで経営をしているタピオカ店はそうはないはずである。

うまくいっている店は、そういう店で、そういう店は少数である。

本気でタピオカ屋を経営しようと思っていたら、すでに撤退しているか、複合事業にしているはずである。

タピオカドリンクショップを本気で経営しようと思ったら、普通に考えれば

撤退するのが最善の道である。最大の理由は競合が多すぎることと、

差別化が難しいことである。どこのタピオカドリンク屋にいっても明確な差別化は

されていない。最近ではコンビニや大手コーヒーショップなどでも扱うようになっており、

どこで飲んでも大きな差はないと思う。

そうすると、店舗独自の差別化施策が重要になるが、それができないわけである。

あえていうなら、並行して別の商品も扱うようにすればいいのだろうが、

そうすると、低コストで運営できるタピオカドリンク店のメリットがなくなり、

他の飲食店と同様になってしまうからである。

今の日本の金余りを象徴していると感じる

アベノミクスと、オリンピック直前ということもあり、現在日本はかなりの好景気である。

消費税10%が水を差すにしても、令和二年の正月時点では、いまだに好景気は持続している

わけである。ようするに、投資したくても投資先がなくてだぶついている資金が多数あって、

それらの一部がタピオカドリンク事業に流入しているのである。

特に都心の情報をリアルタイムで把握できていない地方の金持ちから見ると、

企画書で「空前のタピオカドリンクブームです。少額の投資で大きく回収できます」

とか書いてあるものを見せられると、余裕資金をどんどん出してしまうのだと思う。

同時に、バラエティ番組などで取り上げられる「タピオカブーム現象」

などを見せられると、信憑性が上昇してしまうのである。

タピオカは一定の需要があるが、それほど大きくはない

タピオカドリングは一定の需要があるのは事実であると思う。日本から消えてしまうこと

はないと思う。たまには飲んでみたいと思うし、たまに飲むとそれなりにおいしい

スイーツだと思う。個人的には、タピオカをトッピングするよりも、「あずき」

をトッピングしたほうがおいしいと思う。どっちにしても高カロリーなので、

飲み物というよりも、スイーツであると思う。

ヘルシーというよりは、むしろジャンクフード的な位置づけなのだと思うので、

それがはっきりすると、女性が離れていくと感じている。

具体的には、世の中にあるクレープ屋さんくらいの需要なのではないかと思う。

それよりも若干多いくらいが適切な供給量ではないだろうか。

現在のように、多くの駅前に乱立しているのはありえない状況で、

東京であれば、下北沢や吉祥寺くらいの中規模の繁華街に存在するくらい

のスケールだと思う。3年後にはそうなっているはずである。

タイトルとURLをコピーしました