加藤沙里は精神異常者、でも入院するほどでも、投薬が必要なほどでもなく、彼女を利用して金儲けをしている人がいるだけの話

事件の深読み

久しぶりに炎上し、金持ちと結婚し、浪費してすぐに離婚したとのこと

おそらく普通に考えれば、彼女はADHDなのだと思う。

他人の気持ちを理解できない障害を持っている人なのだと思う。

病院にいけば、何らかの診断がくだされるレベルなのだと

思う。でも、そういう人でも、日常生活を送っている人は

たくさんいるわけで、彼女もその1人なのであろう。

まわりの大人でそれを悪用して、小銭を稼いでいる人もいるのだろう。

そういう人たちに利用されてしまう時がたまにあって、

それが、狩野英孝とのスキャンダルだったり、今回の出来事だったりするわけである。

もっと症状が重ければ、マスコミにはでないのだろう

これは程度問題である。もっと激しくなって、シャレにならないレベルになると

マスコミには逆にでなくなるのだろう。問題が微妙なので、

「この程度なら、面白おかしく記事になるなあ」と頭のいい悪い連中によって

記事にされて、彼らのお小遣いになっているわけである。そういう意味では

彼女も被害者なのかもしれない。無論、そういう自覚はまったくないと

思うが。

栗原類のように公表すると、テレビからいなくなるのだ

もし、彼女が精神科の病院に行き、診断書をマスコミに提出し、自身の精神的な

問題について公表すれば、二度とテレビやスポーツ新聞に扱われることはないだろう。

ちょっと違うが、栗原類というタレントが、自分自身の精神的な障害を公表し

結果としてテレビ業界から消えてしまったことがあったが、公表すると

あれと同じことになるわけである。加藤沙里の取り巻き連中はそれでは

1円にもならないので、そうならないように努力をしているわけである。

だから、またしばらくすると、何らかの問題を起こし、またマスコミの

話題になるのだろう。

悲しい話である

一言で言えば、悲しい話である。これはもうどうしようもないと思う。

仮に彼女が病院にいったとところで、完治するわけもなく、

どうすることもできないわけである。多少、よくなるかもしれないが、

それでどうなるわけでもない。

なんか悲しい話である。

彼女を一方的に非難するのはやめてもらいたいと感じる

彼女を非難する人は、彼女は普通の人間だと思っている人である。

そんなことあるわけないのだ。

彼女を非難する人は、ある種の無知である。

社会のレベルが上がれば、彼女の問題がとりあげられることはなくなるだろう。

まあ、かなり時間がかかるわけである。

でも、別の見方をすると、日本社会が成熟してきて、様々な問題が減っているので

でてきている問題なのである。

相対的に日本がよくなっているので、こういうくだらない問題がとりあげられるので

ある。日本が幸せな証拠なのだ。

我々はいい時代に生まれたと思う。よかった。

タイトルとURLをコピーしました