おいしいラーメンは、焼き豚と麺の食感が重要だと思う

オススメ飲食店

世の中には、おいしいラーメン屋さんで溢れている。どこの店に入っても、そこそこおいしいわけで、本当に日本中のラーメン屋さんのレベルは高いと思う。おいしいラーメンというのは、ひとによって異なるわけで、それぞれの好みがあるから、すべての人が美味しいと思えるラーメンというものは、存在しないともいえるわけである。私自身にしても、週に1〜2回は、外食でラーメンを食べているわけであるが、「うまいなあ」と思えるラーメンにはある傾向があることがわかったのである。

焼き豚

私はむしろ麺よりも、焼き豚のほうが好きなのかもしれない。焼き豚というメインディッシュをたべるための、サブアイテムとして麺や汁があるのではないかと思うくらいである。たまに、味噌ラーメンを食べると、焼き豚が乗っていないことが多いので、そういう時は、「しまった」と思うわけである。今日の昼に食べた、旭川ラーメンという店では、焼き豚ではなく、バラ肉が入っていたのであるが、本当に落ち込んでしまった。見た目はなんとなかく焼き豚っぽいのであるが、明らかに焼き豚ではないのだ。もう二度とこの店に行くことはないだろう。

麺の食感

まあ、ある程度コシのある麺が好きなのだ。ちょっと弾力があるくらいが好きなのである。細麺はきらいなので、ゆえに豚骨ラーメンはあまり好きではないのだ。太麺でコシのあるラーメンと、あとちぢれ麺も好きなのである。

ジャンルでいえば、喜多方らーめんである

もうダントツで好きなのは、喜多方ラーメンである。喜多方ラーメンは焼き豚がおいしいし、ラーメンであっても、たいてい5〜6枚の焼き豚がのっているのである。チャーシューメンなんか頼んだら、10枚以上焼き豚がのっているわけである。それはさすがに食い切れない。麺もちぢれ麺だたから、それは好きなので、私にとっては理想のラーメンである。東京都内に、それほど多くあるわけではないが、まあそれなりに存在しているので、困るほどではない。本当に美味しいと思う。

人によって好みは違うわけで、自分なりの嗜好があるはずである

私の場合には、チャーシューと麺のコシにこだわりがあるのであるが、スープにはそれほど大きなこだわりがないような気がする。まあ、ある程度おいしければなんでもいいのかもしれない。でも、人によっては、スープにすごいこだわりを持っている人もいる。私は何回いっても、ちっともおいしいとは思えないのであるが、多くの人が行列をしている大勝軒という店がある。そこのファンにきいたら、「スープが最高」といっていたので、もう一度食べてみたら、確かにおいしいスープではあったが、麺と焼き豚がそれほどうまくないので、私にはまったく納得できないわけである。まあ、それも好みなのである。

タイトルとURLをコピーしました