子供が泣いているのを見ると嬉しい理由

日常の出来事

街で子供が大声で泣いているのを見ると、なんか嬉しくなることがある。ケースバイケースなのであるが、街角で泣いている子供の九割は甘えているわけである。大声で、ワーワー泣けるということは、保護者との信頼関係ができているからである。深刻な虐待を受けている子供は、決して泣いたりはしない。何があっても睨みつけるような目で、見つめるだけである。もちろん程度問題なのであるが、特にひっくり返って、駄々をこねているような場合は、完全に甘えである。甘えられる環境にいる子供が存在していることを知り、ほっとするのである。すべての子供が幸せになれる社会はそんなに難しくなく実現できそうな気がするが、現実にはけっこう難しいのである。

タイトルとURLをコピーしました