世の中の99%はわからないことである

楽しく生きるコツ

平安時代に、ロケットで月にいけると思った人はいなかったわけである。現在の我々は、ロケッドで月に行くこともできるし、原子力エネルギーを使用することもできるし、遺伝子というものを発見したり様々なことを新たに知っているわけである。でも、現在でもわからないことがたくさんあるというよりも、昔よりもわからないことが増えているわけである。知れば知るほど、新たな謎や疑問がでてくるわけである。死んだ後、人間がどうなるかや、宇宙の起源など、わからないことだらけであるという見方もできるのである。一見すると、現代社会は高度に発展しているように見えるが、いじめや貧困、格差問題や戦争など、多くの問題で溢れていて、解決方法がみつかっていないわけである。ようするに、解決しなければいけない問題は日々増加しているわけで、現状が最高と思っている人がいるとすれば、よっぽどの特権階級にいて、自分だけが幸せならいいという傲慢な人間だけだである。おそらく我々人類は、世の中のありとあらゆることの99%は分かっていないと思う。最近になってようやく、先生や親からの暴力がいけないということが、日本で浸透しはじめてきたわけである。でもその一方で、実際にパワハラや虐待は日常的に起きていたりするわけである。なぜそういう問題が起きて、それを防ぐためにはどうしたらいいのか?明確な答えは存在しないのだ。そういうありとあらゆる問題をすべて解決しようとすることがとても重要である。でも既存の問題の解決は新たな問題を生み出したりもする。女性へのセクハラ行為の取り締まりが強化されるようになって、今度は痴漢の冤罪問題が出たりするわけである。これらをすべてを解決していくのはとても大変なことであるが、向き合って解決しなければいけないのだ。時間はかかるかもしれないが、すべての人が勉強し続けて、努力し続けて、問題を解決し続けて行く姿勢が大切だと思う。まずは謙虚になり、まだまだだと思い、ちょっとでもすべてのことがよくなるように努力するのである。すぐには無理だと思うが、時間をかければ必ず何とかなると思う。問題を犯す人を必ずしも責めてはいけない。彼ら自身が悪いのではない。そうなってしまった環境に問題があるのだ。環境を変えない限り何も変わらない。親に殴られて育った子供が、自分の子供を殴ってしまうのは、普通のことである。それをどうやったら直すことができるかという特効薬は存在しないのだ。でも解決する方法は存在するはずである。世の中からありとあらゆる差別がなくなり、すべてのひとがすべての人を愛することができるようになれば問題は解決すると思う。でも、そのための道のりはけっこう長いと思う。少しづつ全員が努力すればできると思う。だから不可能だとは思わない。キング牧師は、黒人差別がなくなることを希望したが、暗殺されてしまった。でもそのたった数十年後に黒人の大統領が米国に誕生したわけである。できないことは何も無いと思う。

タイトルとURLをコピーしました