オリンピックは中止になる

事件の深読み

理由は無論、コロナウイルスである。早めに「中止」と言ってしまうと、批判が来るので、できるだけひっぱって、「本当にどうしようもありませんでした。国民の健康問題を考えての苦渋の決断です」というわけである。ゆえに、あまり早すぎると意味がないので、ギリギリまで伸ばすだろう。ちょっと違うが、昔、東京都市博の中止問題というのがあった。当時の知事選に出馬した青島幸男が公約で「都市博を中止」といっていて、それを実行したので中止されたわけである。オリンピックに比べると規模は小さいが、それでもかなり大きいイベントだったのである。これがおそらくベンチマークになるだろう。この時は、都知事の一方的な理由での中止なので、関連業者の多くに損害賠償料金を支払ったわけであるが、今回はそれはない。負担する人がいないから、関係者は応分に損害を負担することになるわけである。国が税金でそれを負担するというのは、お門違いだと思うので、そうはならないだろう。考えてみると、すべてのイベントは中止のリスクがあるわけである。必ず開催されるイベントは存在しないのである。伝染病の蔓延というこれ以上ないような理由があるわけで、これは受け止めないといけないわけである。オリンピックの中止は、コロナウイルス問題よりも経済に与える影響は大きくなるわけである。普通に考えれば、大不況になるわけである。でも逆に考えると、予想できるのだから、回避もできるわけである。予想できないことが起きると、パニックになるのであるが、予想できるものは処理することができるのである。例えば、中止ではなく1年延期にすれば、かえって経済的にはいいかもしれない。無論、コロナウイルスが収束しているという前提であるが、それは大丈夫な気がする。(根拠なし)官僚などは頭がいいのであるから、五輪中止を前提に、どのように景気を回復するのかを真剣に議論すればそんなに難しくないと思う。例えば、消費税廃止である。これはインパクトがでかい。れいわ新選組のお株を奪うことになるが、自民党がそれをやれば、一気に安定政権になり、安倍さんの総理継続だって視野にはいるわけである。ピンチはチャンスである。この機会をどのように使うかにより、世の中は大きく変わっていくのである。

タイトルとURLをコピーしました