コロナウイルスで、憲法改正はできなくなった

事件の深読み

安倍首相の最大の目標だった憲法改正はできなくなった。このコロナウイルス対応における失政のつけは果てしなく大きい。可能性として自民党政権が吹っ飛ぶかもしれない。五輪が中止になると、景気は一気に悪化する。現在自民党内でも、消費税減税の可能性を議論しているという。ということになれば、ずっと「消費税廃止」をいっているれいわ新撰組の山本太郎にには突風の追い風である。石破さんが、自民党を離党してれいわ新撰組と組んだりしたら、選挙に不安のある自民党や立憲民主党の連中が大勢やってきて、一気に新政権をつくってしまうだろう。かつての細川内閣はそんな感じでできてしまったわけである。全然可能性はあると思う。まあ、いずれにしても憲法改正は夢の中の夢である。どう考えても、国会議員の2/3以上の賛成を得られる可能性はないだろう。風が吹けば桶屋が儲かるという諺があるが、コロナウイルスによって、日本政界に大きな変革が起きるわけである。これを偶然と捉えるか、必然だったと捉えるかで、人生が変わってくると思う。無論、私は必然であったと考えるのである。

タイトルとURLをコピーしました