日経平均株価を下げ止まらせる唯一の方法

事件の深読み

ついにというか、やっと日経平均株価が2万円を割った。下げ止まる気配はないので、下手をすると今度は1万円を割るところまでいってしまうだろう。止める方法は1つだけである。まず、東京五輪を中止もしくは延期すると政府が宣言すること。そして消費税を廃止することである。そうすれば悪材料出尽くしで、今後の展望が開けるので、株は下げ止まるだろう。それでも、15,000円くらいにはなるとは思う。コロナウイルスを危機的状況ととらえ、行動することができれば被害は最小で済むのだ。津波と同じである。大事なのは何か?家財道具か、預金通帳か、車か、・・・・命である。日本国家が危機的な状況にある時に、「もしかしたら五輪開催もできるかもしれない・・・」なんて思っているようでは、すべてが消えてしまうのだ。それを株価が教えてくれているのに、暴動が起きないほうがおかしいのである。日本社会はかなりいかれている。そんなことすら多くの人は認識できていないのである。自分のことは、自分自身で守るよる道はない。

タイトルとURLをコピーしました