承認欲求について

楽しく生きるコツ

承認欲求が強い人は、問題を抱えている人である。人間ととって承認欲求は根源的なものである。幼少期に、承認欲求が満たされていないと多くの問題を抱えてしまうのである。誰かに、「あなたは何もしなくてもそこにいるだけで価値があるのよ」と言葉ではなく、態度で許容されてこなかったすべての人間に問題が生じるのである。勉強ができなくても、スポーツができなくても、存在そのものに価値があると育てられた人と、そうでない人は、天と地ほどの差が出てしまうのである。大人になっても遅くはない。誰かに、存在そのものを認めてもらえるようにならないかぎり、一生悩み続けることになるのだ。お金を稼いで豪遊すれば近づいてくる人は増えるわけである。それはその人自身に価値があるのではなく、お金に価値があるわけだから、逆に自分自身の承認欲求が強くなってしまうのだ。むしろホームレスになって、ボランティアに優しくしてもらえるほうが、生きる価値が大きくなってしまったりするのである。誰かに無条件で愛された経験がないと、誰かを無条件で愛することはできない。これは残酷であるが、事実である。金を稼がないと価値がないと思っている妻を持つ夫が別れたいと思うのは、人間として極めて自然な感情なのである。

タイトルとURLをコピーしました