ゆうこりんの、離婚問題について考える

芸能人(芸人)タレント

再婚子連れの小倉優子が歯科医を再婚し、彼の子供を妊娠した後で、夫から離婚を言い渡されて、連れ子の養子縁組解消も求められていうという話である。この話だけ聞くと、「夫はなんてやつなんだ」と思う人が多いわけである。でも普通に考えたほうがいい。マスコミを使ってこういう情報をリークしているわけで、そこに何らかの意図があるわけである。今度は夫がわから反論が出てくるわけで、その繰り返しが行われるのである。双方、本当の理由は隠して、自分に都合のいい話をし続けて、自分たちの要求をできるだけ通そうと考えるわけである。そのために世間をどのように利用するか、彼らはお金があるから、優秀なスタッフがそういうシナリオを描いているのである。この場合は、弁護士である。仮に、小倉優子が不倫をしていて、おなかにいる子供の父親が別の男だったしたらどうであろうか?その子供が自分の子供かどうかを証明するためには、少なくとも出産を待たなければいけないわけで、妻に反対されたらDNA鑑定なんて事実上不可能である。その不倫を証明することも、かなり難度が高いわけで、下手な情報をだすとかえって不利になってしまうわけである。普通に夫が不倫をしている可能性だってある。以前と違って、歯科医の生活はけっこう大変である。競争が半端ではないからだ。おそらく妻のほうが収入が多いと思う。テレビCMにも複数でているから、少なく見積もっても数千万円くらいの年収はあるはずである。妻の所属しているプロダクションから見ると、金の生る木であり、生命線でもある。彼らはその収入源を守るために、命を賭けてやるだろう。利権を守るためには何でもやるわけである。嘘か誠か、倖田來未がコンサートツアーを行うためにせっかく妊娠した子供を中絶したという報道が出たが、金もうけのためには子供も殺してしまうわけである。なんでもやるわけである。マスコミから流れてくる情報はごく一部であり、誰かの利権のためのものであり、真実とは限らないのだ。複雑化した状況では何が真実化は誰にもわからないのである。単純に、夫が悪いとか、妻が悪いとかいう話ではない。離婚するということが悪いことと思うこと自体間違っている。それがベストであるということもよくある話である。つきつめて考えると、結婚というのは社会的な契約であり、法律的な話である。ゆえに弁護士をいれて交渉しているだけのことである。他人からみるとどうでもいい話である。ゆうこりんは、堀ちえみ二世である。

タイトルとURLをコピーしました