金は刷ればいいだけのことである。理屈で考える。

かつてお金というものはゴールドだったわけである。兌換紙幣時代は、中央政府によって金と交換できたわけである。よって金の埋蔵量が、貨幣の価値と同じだったわけである。現在の貨幣は兌換紙幣ではない。中央政府が勝手に供給量を調整できる仕組みになっているのである。すなわち、紙切れである。もっというと、現在は電子マネー化が進んでいるから紙切れでさえないのだ。単なるバーチャルの世界である。だから1兆円でも100兆円でも簡単につくることができるのである。「無限にお金を放出したら大変なことになる」と思っている人がいるが、それはそうである。無限に出すのは問題であるが、上限を決めて出すのであれば何の問題もないのである。通貨供給量が増えすぎるとインフレになるので、インフレにならない程度に放出すればいいだけのことである。ゆるやかなインフレになる程度に出すのが望ましいわけである。現在、急激に経済が冷え込んでいて、これから大きな不況がやってくるわけである。とにかく政府は金を刷って、どんどん市場に出すのが仕事である。インフレになったら、供給量を減らせばいいだけで、その匙加減が彼らの役割なのである。考えてみるとわかるが、紙切れなので、どんなに刷り続けても何の問題もないのだ。政府に1000兆円の借金があるのなら、自分で1000兆円を発行した瞬間に、その借金は消滅するのである。現在の法制度ではそれはできないが、日銀法を改正すれば明日にでも可能な話である。この話を多くの国民が認識したらどうなるのか?政府は、「国民はバカなので、誰も働かなくなったり、大混乱が起きるので、こういう話は秘密にしておかないといけない」と考えているのである。私はそうは思わない。多くの国民が安心して、この制度をうまく利用すれば、国家として大きく発展していくことができるからだ。このタイミングで法律を改正し、すべての家庭に月間6万円づつのベーシックインカムを発行したらどうなるか?ほとんどの国民は安心するだろう。これから起きるであろう自殺者の増加もかなり抑えられるはずである。財源はどうするか?日本に中央政府があり日本国内で完結している事柄なので何とでもなるのである。財源はとりあえず、年金を廃止し、消費税を10%あげて20%にしたっていいと思う。その代わりに全家庭に6万円もらえるなら反対する人は金持ちだけである。こんなことは、金融や財政をちょっと勉強した人なら誰だってわかる話である。ではなぜ、そういう議論にならないのか?政府の人は頭がいいのではなく、単に自分たちの利権を維持したいと考えているだけだからである。国民のためにはなるが、自分たちの利権がなくなるから嫌なのだ。やったことのないことをやることは、既得権者はまずやらない。やってみると、簡単にいくものである。現人神が人間宣言をして、大きな混乱が起きたであろうか?三島由紀夫はそのことが理由で自殺しかたもしれないが、まあその程度である。自分の脳でじっくり考えてみることが、とても重要である。多くの人は政府のいうことを鵜呑みにしているが、彼らはけっこうとんでもない奴らなのである。

タイトルとURLをコピーしました